紀平梨花、夢は北京オリンピックの優勝! JOCスポーツ賞で新人賞

2019.06.15 Vol.Web original
 オリンピックをテーマにしたコンサート「オリンピックコンサート2019」が14日、東京国際フォーラムで行われ、フィギュアスケートの紀平梨花らが出席した。 「オリンピックコンサート」は、6月23日のオリンピックデーイベントの一環として、1997年より毎年開催しているコンサートで、今年で22回目を迎える。スポーツと音楽の競演により、普段オリンピックに親しみのない人にも、その価値や魅力を実感してもらうのがねらい。2019年は「輝く夢に向かって」をテーマに、第1部と第2部で計12曲を演奏。巨大スクリーンに映し出された映像で、歴代のオリンピック名場面を振り返りながら、フルオーケストラによるダイナミックな音色で観客を魅了した。

大坂なおみの新コーチ決定

2019.03.07 Vol.716
 女子テニスの大坂なおみが2月28日、ジャーメイン・ジェンキンス氏が新しいコーチに就任したことを明らかにした。  大坂は2月11日にサーシャ・バイン氏とのコーチ契約を解消。その後に行われたドバイ選手権では初戦敗退と振るわず、新しいコーチが誰になるのか注目を集めていた。ジェンキンス氏は無名ではあるが、米穀協会のナショナルコーチを務め、かつてビーナス・ウィリアムズのヒッティングパートナーを務めていたことがある。

生田斗真と大坂なおみが新CMで共演!「全仏で使うの楽しみ」

2019.02.22 Vol.Web Original

 生田斗真が研究員姿で登場する衣料用洗剤ブランド『アリエール』の新CMでテニスプレーヤーの大坂なおみと共演する。  新しくラインアップに加わる「アリエール ジェル プラチナスポーツ」と「アリエールジェルボール 3D プラチナスポーツ」を紹介するCM。大坂がプレーする映像とともに生田が、スポーツのタフな汚れや汗を研究して生まれた本製品を紹介する。大坂の真剣な表情とチャーミングな笑顔も見どころだ。   生田は 「 2013 年からアリエールの CM キャラクターを務めさせていただいてますが、今回、日本を大いに盛り上げてくれている 大坂なおみさんと共演させてもらうことはすごく有難いなと思いますし、一緒にアリエールプラチナスポーツを盛り上げていければと思います」と、コメント。    大坂の撮影はスタジオに本物のクレーコートを再現して行われたそう。  大坂は 「今回のような素敵なコマーシャルを撮影するのは初めてで、とても楽しかったです。CM 撮影は慣れていないですが、 スポーツ界を代表して、アリエールプラチナスポーツのことを皆さんに知ってもらえるようにお役に立てればうれしい」としたうえで、ベストパフォーマンスを出すために汗や汚れに気をとられないようにしているそうで、「5 月に控えている全仏オープンはクレーコートで行われるので、試合の時もこの製品を使うのが楽しみです! 」と、話した。  CMは28日からオンエア。

髙田延彦が“ご意見番”初仕事「RIZIN.15」を語る【髙田横粂の世相談義】

2019.02.05 Vol.Web Original
 先日行われたRIZINの会見で、長く務めてきた「統括本部長」の肩書きを外すことが発表された髙田延彦氏が2月4日、弁護士の横粂勝仁氏と21時から配信した「髙田横粂の世相談義」(FRESH LIVE)でこの件について改めてコメントした。今後は「ご意見番」といった立場でRIZINに物申していくことになるのだが、早速「RIZIN.15」(4月21日、神奈川・横浜アリーナ)のカードについて語った。

全米OP制覇の大坂なおみが凱旋。今後の目標は「WTPでトップ8」

2018.09.13 Vol.Web Original
日産ブランドアンバサダーに就任
 女子プロテニスプレイヤーの大坂なおみが9月13日、横浜で「日産ブランドアンバサダー就任発表会」に出席した。  大坂は9月9日、全米オープンテニスの女子シングルス決勝でセリーナ・ウィリアムズを破り初優勝。日本人による史上初のグランドスラム制覇という快挙だった。  この日帰国した大坂は帰国会見後にこの発表会に駆け付けた。  発表会では日産の星野朝子専務執行役員(SVP)とトークショーを行い、会見後には即席で作られたコートで「小さいころからテニスをやっていた」という星野氏とのショートラリーを披露した。  この日の発表会には多くの報道陣が詰めかけた。この“大坂フィーバー”について発表会後の囲み取材で大坂は「これほどの規模のインタビューには慣れていません」とやや戸惑いながらも「気遣っていただいて本当にうれしい。今後もますます頑張っていきたい。皆さんに誇りに思ってもらえるように頑張ります」と話した。

髙田延彦が大坂なおみの奥ゆかしさを絶賛

2018.09.11 Vol.Web Original
「世界中のスポーツファンをくぎ付けにするポテンシャルを感じた」
 RIZINの髙田延彦統括本部長が元衆議院議員で弁護士の横粂勝仁氏との番組「髙田横粂の世相談義」(FRESH!で月曜21時~不定期配信中)で「全米オープンテニス」の女子シングルスを制覇した大坂なおみを絶賛した。  髙田氏は「大坂なおみ選手はすごかった。ゴルフでいえばタイガー・ウッズ的な存在のセリーナ・ウィリアムズに勝って優勝した。セリーナ相手に本当に強かった。どこまで強くなるのか。10年やっても30歳。底知れぬ伸びしろを見せた。大坂選手が表彰式の時に全世界に向かって“セリーナ選手に勝ってごめんなさい”というようなことを言った時には泣きたくなった。あの奥ゆかしさというか一歩引いた感じはなんだろう。底知れぬ、強さと怖さと、世界中のテニスファンだけでなくスポーツファンをくぎ付けにするポテンシャルを感じた。これからが楽しみ」と話した。 「インタビューもチャーミングだった」としながらも、テレビのインタビューを見て「疲れているのになんか面白い日本語喋らそうとしているのは嫌だった。もっと硬派な質問してほしかった」と注文を付けた。

Copyrighted Image