“みらいの公園”となった芝生広場で映画鑑賞! /26日(金)の東京イベント

2018.10.26 Vol.Web Original
 アートやデザイン好きはもちろん、どんな人も楽しめる秋のデザインイベント「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018」が11月4日まで東京ミッドタウンにて開催中。12回目の開催を迎える今年のテーマは「みらいのアイデア」。国内外で活躍する注目のデザイナーやデザインが集結し、デザインの魅力や可能性を身近に感じることができる企画がそろう。

東京ミッドタウン日比谷が食の体験型イベントを開催!

2018.09.16 Vol.710

「食」に関する社会的な問題に触れ、多方面にわたる視点から「食」について考える体験型イベント「Social Good+食 Week(ソーシャルグッドな食ウィーク)」が開催される。東京ミッドタウン日比谷で初めてとなる同イベントは、「食」をテーマにさまざまな分野のプロフェッショナルが参加者ともに「食」分野の可能性を目指す「Food Q(フードキュー)」や、実際に生産者と対話できる「Hibiya Q Marche’(ヒビヤキューマルシェ)」などを開催。 「Food Q」では、8日間にわたり「食」にフォーカスした8つのセッションを行い、「食べる」「話す」を通じ、スピーカーと参加者が双方向で議論を交わすことができる。普段出会う事がないような異業種の人たちによる熱いトークと食のコラボレーションで、新たな発見があるかも!?

0歳から96歳まで5万人が“想い”を込めて撮った写真を展示!/7月13日(金)の東京イベント

2018.07.13 Vol.web original
 日本最大級となる参加型写真展「“PHOTO IS”想いをつなぐ。50,000人の写真展2018」が7月13日より六本木の「フジフイルム スクエア」および東京ミッドタウンにてスタート。その後、全国33会場で順次開催される。  2006年に「10,000人の写真展」としてスタートして以来、毎年応募者が増え続け現在では「50,000人の写真展」となった本展。参加型写真展としては日本最大級で、応募者全員の作品が“その写真に込められた出展者の想い”とともに展示されるのが特徴。

今日はマヨネーズの日! 特製マヨメニューを味わうべし/3月1日(木)の東京イベント

2018.03.01 Vol.Web Original
 3月1日は「マヨネーズの日」! キユーピーが提案する「マヨネーズマジック」をいかし たオリジナルメニューを提供するキッチンカー「kewpie mayo cafe(キユーピー マヨカフェ)」が1日から4日まで東京ミッドタウンに登場。

お正月太り解消するなら…ランチやアフター5にアイススケート!?/1月7日(日)の東京イベント

2018.01.07 Vol.Web Original
 すっかり恒例となった東京ミッドタウンのアイススケートリンクが今年もオープン。『三井不動産アイスリンク for TOKYO 2020』と題し、最大200人を収容する都内最大級の屋外アイススケートリンクを期間限定で開催中。

お正月イベント満載。2日の初売りスポット/1月2日(火)の東京イベント

2018.01.02 Vol.Web Original
 六本木の東京ミッドタウンでは、お正月らしい“7つの福”を楽しめるイベントを実施。  ガレリアB1 アトリウムには2018年の干支をモチーフにした、カラフルなデザインの「戌」型のパネル約350枚を組み合わせたオブジェが出現。体験コーナーでは、同じデザインのミニカードをご自身で組み立て、さまざまな形を作って楽しむことができる。2日10時45分からは創業1625年金沢の老舗酒蔵「福光屋」の樽酒を、先着800名に東京ミッドタウンのオリジナル枡で提供。 期間中は他にも獅子舞、琴の演奏などを日本のお正月を多彩に楽しむ催しがずらり。

こだわりの自然派食品が揃うマルシェ/12月9日(土)の東京イベント

2017.12.09 Vol.Web Original
 毎回、自然派志向の約20店舗が参加し、食材などを販売する「Vivre de BIO Marche in TOKYO MIDTOWN(ヴィヴル ド ビオ マルシェ イン 東京ミッドタウン)。出店者が自らこだわりを持って生産した自然派食品や、この時期ならではの旬の食材が並ぶ生産者の顔が見えるマルシェとあって、毎回大好評。

シャンパンとフードとイルミのラグジュアリー体験!/12月4日(月)の東京イベント

2017.12.04 Vol.Web Original
 クリスマスを華やかに祝う席にもぴったりなシャンパン、モエ・エ・シャンドンの期間限定イベントが東京ミッドタウンにて25日まで開催中。  開催期間中はモエ・エ・シャンドンと選りすぐりフードのマリアージュが楽しめる「MOËT CHRISTMAS LOUNGE」がオープン。

震災復興で生まれた巨大移動式ホール「アーク・ノヴァ」が東京ミッドタウンに登場/9月19日(火)の東京イベント

2017.09.19 Vol.web original
 2013年から東日本大震災の復興支援として各地をめぐり、延べ1万9千人を動員した巨大な移動式コンサートホール「アーク・ノヴァ(ARK NOVA)」が東京で初披露される。これにあわせて、演奏会やアート系映画の上映などを行う期間限定イベントが10月4日まで東京ミッドタウンにて開催される。

世界を制した日本の花火演出を六本木で体感! /8月7日(月)の東京イベント情報②

2017.08.07 Vol.Web Original
 現在、東京ミッドタウンでは夏のイベント「MIDTOWN LOVES SUMMER 2017」8月31日まで開催中。“日本の夏の涼を五感で愉しむ”をテーマに花火や足水、風鈴といった日本の夏の風物詩を、都心ならではのスタイルで体感できるイベントを多数実施。中でも、華麗な花火の演出を体感する「SUMMER LIGHT GARDEN」は連日、大人気。7日からは、カナダ・バンクーバーで開催される世界的な国際花火競技大会「Honda Celebration of Light」で2014年に優勝した日本のチームによる花火演出が初登場する。  また、8月10日から13日までは東京ミッドタウン開業10周年記念 スペシャルプログラムを実施。 イルミネーションによる“ひかり花火”と約300発の本物の仕掛け花火が競演する華やかな演出は必見! クライマックスには最大高さ20mの花火も登場。  都会の真ん中で、花火の華麗な演出に酔いしれてみては。

六本木でアイススケート! 東京ミッドタウンに期間限定オープン

2015.12.26 Vol.657
 東京ミッドタウンの屋外アイススケートリンクが、1月6日より期間限定でオープン。前回は約3万5000人を動員。今年で7回目を迎え冬季のトレンドスポットとして定着したスケートリンクがこの冬も登場する。  リンクの大きさは20メートル×42メートル(840㎡)と都内最大級の大きさを誇り、収容人数は210名と、多くの人が楽しむことができるのも人気の理由。利用料は貸靴料込みで大人1500円。手袋は着用必須だが、忘れた人用に販売も行っている他、ヘルメットも無料で貸し出してくれる。手袋さえあれば気軽に立ち寄って、滑ることができるとあって、日中は親子や近隣のオフィスワーカーがのびのびとスケートを楽しむ姿を見ることができる。17時以降は、リンク周辺のイルミネーションが点灯。美しいイルミネーションの輝きの中で、22時までナイトスケートを楽しむことができる。リンクサイドには、スケート靴を履いたまま利用できる休憩エリアもオープンする。  初心者や久しぶりに滑るという人は、ぜひ「ワンコイン・スケートレッスン」に参加してみては。毎週火・水・木の平日3日間、入場料+ワンコイン(500円)でスケート靴の履き方から氷上での基礎的な動作を分かりやすく教えてくれる。  冬ならではのアクティビティーを都心で気軽に楽しむことができる機会。心行くまでスケートを楽しんで。

Copyrighted Image