女が男の「喘ぎ声」を聞きたいワケ【脱こじらせへの道 第52回】 

 おとといはananの毎年恒例SEX特集が発売されましたね。今回はGIRL'S CHの掲載はないのですが、同じくSODグループのSILK LABO監修のDVDが付録としてついています。このときばかりは女性も堂々と、いや、男女ともに堂々とセックスについて語り合える時期なので、この機会にぜひ、ananを口実にいつもできない話をしてみるのはいかがでしょうか。

 ananは女性誌ですが、女性の性欲について世間的に認知されたのは、この5年くらいのことだと思います。SILK LABO、そしてGIRL'S CHも、そのブームを引っ張り、引っ張られながら現在までたくさんの方にご支持いただいています。女性も性に対して積極的に発言したり、考えたりするようになってきました。

 一方で、男性は性に対して受身になりたがる傾向もあります。それはAVの作品を見ても明らか。痴女もの、複数女性とのハーレムシチュエーションなどは、毎月いくつもリリースがあります。しかもそれは15年も前からあるブームだそうなのです。弊社の創業者いわく、創業期は「男性が女性を責める」という内容の作品が売れていたようですが、15年ほど前からそれが逆転。「男性が女性に責められる」という内容の作品の売上が、逆転して伸びたらしいのです。

 男性の心の中には、女性から責められたいという気持ちがあるのでしょうか。あるいは、仕事や社会生活に疲れて、妄想の中だけでも受身になりたいという願望の現われなのでしょうか。

 そんなわけで、今回はこんなアンケートを見てみたいと思います。


アンケート「みんな大好き!? 男性の喘ぎ声は好きですか?」
 アンケートを見ると8割の女性が男性の喘ぎ声が好きという結果になりました。このコラムでも何度も書いているテーマではありますが、女性は「男性が自分に答えてくれる、欲情してくれる」ということに喜ぶ傾向が強く、それを伝える方法としての喘ぎ声を好む女性がとても多いようです。

 男性の喘ぎ声が好きというと、「痴女のような、男性を責めたい女性なのか!?」と誤解されるかもしれませんが、「男性の喘ぎ声が好き」と「男性を喘がせたい」というのは違います。

 もちろん中には、男性を喘がせることに満足感を感じる女性もいますが、アンケートの回答を見ると、「自分に感じてくれる証としての喘ぎ声が好き」というものが多く、そこもまた、自分に対して欲情してくれているという事実を重要視しているのです。こうした意見を見るとやはり、女性は相手が自分に興味を持ってくれる、というシチュエーションがとても大事なようです。女性は共感能力が高いといわれますが、こうしたセックスの面においても、相手の共感を得られることが重要なのかもしれません。

 男性は女性を征服する、または女性に征服されることに感じ、女性は男性の共感を得られることに感じる。やっぱり男女って永遠にわかりあえないような気がしてしまいます。
田口桃子(たぐち・ももこ)
GIRL'S CHプロデューサー。2007年、新卒でソフト・オン・デマンド(株)に入社。
営業、マーケティング等の部署を経て、2012年よりGIRL'S CHの立ち上げに携わる。
以来現在まで、GIRL'S CHの現場リーダーとしてサイト運営をしつつ、オリジナル動画ではレポーター出演等をすることも。