「渋谷のお土産」プロジェクト始動!

渋谷お土産PROJECT × 一宮ツイード
キーワードは“エシカル”。新たなカルチャーを渋谷から世界へ発信!

 人間や地球環境に優しく、持続可能な社会づくりのために“エシカル”な意識が生産者にも消費者にも求められている今、渋谷原宿が、エコとファッションを両立させた新たなカルチャーを世界にアピールする“エシカルタウン原宿”として生まれ変わる!
※12月10日よりGIVE LIFE 原宿にて販売開始
尾州・一宮とのコラボで渋谷をエシカルに

 今、人や地球に優しい持続可能な社会を目指すための、一つのキーワードとなっているのが“エシカル”という言葉。エシカルとは、環境保全や社会貢献を意識した倫理的な姿勢を意味しており、日本のもの作りの現場でもエシカル志向を重要視する企業が増えている。

 そんなエシカルの意識を、東京の最旬ファッションの発信地・渋谷、原宿からアピールすべく、俳優の伊勢谷友介が代表を務めるリバースプロジェクトと老舗アパレルメーカーのジムが協業し〈エシカルタウン原宿〉プロジェクトをスタート。10月18日に記者発表会を実施した。ファッションの発信地として注目を集めながら東京有数の緑地を有するなど環境への取り組みも大切にしてきた原宿エリア。在住の企業やショップなどとどんどん連携してエシカルカルチャーを広めていきたい、と参加者は口々に語った。この日は“エシカルタウン原宿”の発信拠点となるセレクトショップ・GIVE LIFE 原宿も紹介された。こちらでは、世界的にも評価の高い尾州毛織物の残反をアップサイクルしたアイテムを“渋谷のお土産”として販売することが決定。このようにリサイクル、アップサイクルできるのも、日本のもの作り文化が生んだ良質な素材だからこそ。長く使うことはエコでもあり、良質なもの作り文化を支えることにもなる。世界のファッショニスタたちも、エシカルでオシャレな渋谷のお土産を喜んでくれるはず!

GIVE LIFE 原宿
【住所】渋谷区神宮前3-18-21
【時間】平日12?20時 土日祝11?20時
【問い合せ】03-3404-1348
【URL】 http://givelife.me/
【写真左】愛知県一宮市の中野正康市長も、日本のもの作り文化を生かすエシカル志向に期待を見せた。 【写真右】裏原にオープンしたセレクトショップ「GIVE LIFE 原宿(ギブライフ)」では“渋谷のお土産”をはじめ多彩なアップサイクルアイテムも販売