世界よ、これがニッポンの神技だ!/12月2日(土)の東京イベント

『神の手●ニッポン展 III』ホテル雅叙園東京にて24日まで開催
文学作品の名文を切り取り、本来二次元である文字の世界を立体化!(立体切り文字アーティスト 笹尾真)
 世界も驚く、超絶技巧を持つ日本人アーティストとその作品を紹介する『神の手●ニッポン展』が目黒のホテル雅叙園東京にてスタート。
百段階段からインスピレーションを受けたシャドーボックスアート「源氏物語」を初公開(シャドーボックスアーティスト 大橋禾苗)
 第3弾となる本展では、海外でも高い評価を受ける「シャドーボックス」をはじめ 「立体切り文字」「現代切絵アート」などの紙のスペシャリストや、「組み木絵」「ペットボトルアート」といった再利用アートなどを紹介するほか、過去2回の展覧会に出展した人気作品も合わせて特別展示。
一切着色をしていない数十種類の木材を厚さ5.5mm の板材に揃え、色味や木目の違いで表現(組み木絵アーティスト 中村道雄)
 約80点の超絶技巧アートを、ホテル雅叙園東京館内の東京都指定有形文化財「百段階段」の空間で、堪能することができる。

 まさに神技というべき作品を通して日本人ならではの感性や技術力を感じてみよう。
ペットボトルが生き物や自然の風景をモチーフにしたアート作品に変身!(ペットボトルアーティスト 本間ますみ)
『神の手●ニッポン展Ⅲ』
【期間】12月1日(金)~12月24日(日)
【時間】10~18時(最終入館17時30分)
【入場料】1500円 小学生以下無料
【会場】ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」