インタビューシリーズ【LDH バトン ~夢~】 Vol.7 片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)

EXILE、三代目J Soul Brothers、E-Girlsなどが所属するLDH JAPANは、音楽やダンスだけでなく、映画やお芝居、アパレルや飲食など、さまざまなプロジェクトを展開して「Love, Dream, Happiness」のメッセージを届けます。【LDH バトン】では、LDH JAPANに所属するアーティストやタレント、アスリートたちに、DREAM(夢)について聞いていきます。

2018年最後に公開となるのはGENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太さんのインタビューです。


天ぷら屋からファーストフードまで、夢はおいしいごはんを作る人だった

ーー子供のころの夢を教えてください。
美味しいごはんが好きだったので、近所の天ぷら屋さんに家族で食べに行ったら「天ぷら屋さんになりたい」とか、ファーストフード店に行ったら、そのファーストフード店で将来働くとか、そんなことばかり言ってました。

ーー片寄さんはどんな子供でしたか?
こじらせ子供でしたね。小学生のときは遊びに誘われてもあまり乗り気にならないタイプした。でも遊びに行ったら楽しいんですけどね。高学年くらいになってきて友達ともだいぶ落ち着いて、お昼休みや放課後に友達とサッカーをしながら遊ぶようになっていきました。

ーーエンターテインメントの世界に挑戦してみたいと思ったきっかけは?
中学生の時に学校でEXILEさんの楽曲が流行っていて、自分もその流れで聞くようになってファンになりました。ちょうどその頃に『VOCAL BATTLE AUDITION2』というオーディションがあって、せっかくの機会だからと思って受けたのが始まりです。ただ「俺は絶対に歌手になる!」みたいな熱い思いで受けたわけではなかったんです。最終審査が終わった後の食事会で、EXILEのATSUSHIさんが「皆さんに追いつかれないように自分も歌を磨き続けます」と仰っていたのがとても印象的で。その言葉や姿勢に感化されて、挑戦してみたいという気持ちになりました。

ーーその夢を実現するために何をしてきましたか?
僕1人が頑張っても実現できる世界じゃないので。それは多分この世界に限らずどんな世界でもそうだと思うんですけど。何かを成し遂げるとか達成したいとかっていうときに、周りの人に助けてもらったり協力してもらったりすることがすごく大切になってくると思うんですね。なので、周りの方々への感謝を常に忘れず、味方になってもらえることが夢への近道なのかなと思います。もちろんその中で自分が頑張るっていうことが一番大切ですけどね。デビューしてすぐの頃によく言われたのは、「自分がやりたいことを言葉にして、いろんな人に伝えなさい」ってことです。「いつかはグループとしてもソロとしても活躍できるような表現者になりたいんだ」っていうことも言葉にしてきました。もちろんその夢は今も続いてますけど。

ーー「夢は叶った」と考えていますか?
100パーセントのうちの5パーセントくらいですね。実現した部分もあると思いますけど、自分ひとりとして考えるとまだまだだなって思います。いろんなものに影響を受けて世界が広がっていくたび、こういうふうになりたいっていうも夢の像もどんどん変化していくので、夢が大きくなっては離れていく感じです。なので、まだまだ至らないなっていうほうが大きいかもしれないです。

目標は「表現者」

ーーいまの夢はなんですか? 俳優としての目標はありますか?
「歌で届ける表現」と「お芝居として届ける表現」の距離感をできる限り近づけていきたいです。歌なんだけどお芝居っぽかったりとか、お芝居なんだけど歌うときの発声方法や息づかいを活かしたりとか。そういう距離を近づけるという意味で、表現者になるっていうのはひとつの目標です。

ーーその夢を実現されるために今何をされていますか?
いろいろやってますよ。それこそボーカルレッスンもお芝居のレッスンもそうだし、トレーニングをして体づくりをすることもそうだと思います。映画を観たり本を読んだり、いろんなものからヒントを探すようにしなきゃいけないなって思います。

ーー夢を叶えたいと頑張っている人たちにメッセージをお願いします。
繰り返しになってしまいますが、周りの方に感謝すること。周りの人の気持ちを考えて、何を求められているか、今どういうふうに思われているのかっていうことを考えることが、一番夢への近道なんじゃないかなって思います。僕も最初からできていたわけではなくて、LDHに入って学んだ部分は多いんですけどね。

【プロフィール】片寄涼太…1994年8月29日生まれ。大阪府出身。GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカリスト。俳優としても精力的に活動中。直近の出演作、映画『兄に愛されすぎて困ってます』のDVD&Blu-rayが2018年1月10日に発売。
上段左から、限定ボックス、日本語ベスト通常盤。下段左から日本語ベスト豪華盤、International Edition 英語ベスト盤
BEST ALBUM 『BEST GENERATION』1月1日リリース

ジェネこと、GENERATIONS from EXILE TRIBE初のベスト盤。デビューから5年間の軌跡を凝縮。『BRAVE IT OUT』から『BIG CITY RODEO』までのシングル15曲、そしてネクストレベルへのキックオフとなる新曲『ALRIGHT!ALRIGHT!』を収録。EXILEの『Lovers Again』など新曲3曲を含む全7曲のカバーコレクション(ディスク2)、全26曲のミュージックビデオ、ライブ映像やドキュメントなど未公開映像も収録した。英語ベスト盤もリリース。rhythm zoneより発売。詳細は公式サイト generations-ldh.jp/ で。

■限定BOX【3CD+4DVD】8980円、同【3CD+4Blu-ary】1万980円
■日本語ベスト豪華盤[映像付]【2CD+3DVD】6500円、同【2CD+3Blu-ray】7500円
■日本語ベスト通常盤[映像付]【CD+DVD】4500円、同【CD+Blu-ray】5500円
■日本語ベスト通常盤【CD ONLY】2500円
■International Edition 英語ベスト盤【CD+DVD】2480円、同【CD+Blu-ray】3480円
■International Edition 英語ベスト盤【CD ONLY】1980円(すべて税別)

インタビューシリーズ【 LDH バトン ~夢~】Vol.10 小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
インタビューシリーズ【 LDH バトン ~ 夢 ~】Vol.9 青柳翔(劇団EXILE)
【インタビュー】織田裕二が語る“正義の難しさ”
【インタビュー】岡田将生「こんな“痛男”を好演できるのはこの男だけ!? 」
【インタビュー】2018年 注目の“ヒト”『西郷どん』&鈴木亮平 
【インタビュー】小池百合子「2020年に向け機運は右肩上がり、経費は右肩下がり」