F1日本GP「今年の鈴鹿はおもしろい!」モータースポーツジャーナリスト・小倉茂徳

写真:田村翔/アフロスポーツ

  自動車レースF1の第16戦日本グランプリが10月6〜9日、三重・鈴鹿サーキットで行われる。「今年の鈴鹿はおもしろい!」と断言するのはモータースポーツジャーナリストの小倉茂徳氏。

 「ここ数年では、前半が終わったところで、メルセデスのドライバーどちらかでチャンピオンは決定という感じでしたが、今年は違う。フェラーリが絡んできているし、実はそのすぐ後にレッドブルがいて、3強の状況。おもしろい展開です」

 ルイス・ハミルトン(メルセデス)とセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の熾烈なトップ争いに、バルテリ・ボッタス(メルセデス)とキミ・ライコネン(フェラーリ)も絡む展開。

 「フェラーリの強さはチームの体制が良くなってきたのもあると思います。フェラーリは伝統的に絶対エースのチーム。昨年は対メルセデスという意味でWエースでしたけど、ありえないですし、うまくいかないんです。今年は、どうにかメルセデスと戦える状況になったので、どっちがエースか、となった。今は割り切ってサポートに回ってるふうのライコネンですけど、モナコの表彰式の時はすごい怒ってましたよ」

 シーズンも佳境。レギュレーションの変更によってコーナーが速くなった今年のF1で、鈴鹿は例年以上に面白くなるという。

 「ミハエル・シューマッハが2006年の日本GP予選で出したコースレコード(1分28秒954)が更新されるのではという予想があります。鈴鹿は、アクセルの全開率は50%ぐらい、フェラーリとレッドブルが得意とする中速と高速で連続するコーナーはあるしメルセデスが得意とするストレートも二本あって、それぞれが優位とするところで稼いでやろうってなりますから」

 グランプリ期間中は金曜は鈴鹿サーキットで、土日は東京に戻ってスポーツ専門の動画配信サービス「DAZN(ダゾーン)」でレース解説。金曜はサーキット内で聞けるラジオ「Pit-FM」に出演する。

モータージャーナリストの小倉茂徳氏
EXILEで三代目JSBの小林直己が「選択と奇跡」綴る! 半自伝的エッセイ発売
小さくてもふもふ!コケ愛好家・藤井久子さんに聞く身近な「コケめぐり」の魅力
草彅剛、慶喜ロス明かす「寂しいなと思っていました」<青天を衝け>
大島優子、初めての大河ドラマ『青天を衝け』で演じる伊藤兼子は「いい女性」<インタビュー>
<インタビュー>BALLISTIK BOYZ「新たな目標へ進みだす」セカンドアルバムリリースでネクストチャプターへ
滝沢カレンは“謎の美女”!「自分のコンプレックスを聞かれても絶対に言いません」