新成人約500人が都民広場で「2020」の人文字

 2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は同五輪の開幕まで2020日となった12日、東京都庁舎前の都民広場で初のカウントダウンイベント「みんなのスタート! 2020 Days to Tokyo 2020」を開催した。


 同イベントは成人の日と絡めて企画されたもの。ゲストにこの日成人式を迎えた水泳の萩野公介、山口観弘、瀬戸大也に体操女子の佐藤亜希穂、パラリンピック自転車競技の藤井美穂の5人と組織委員会の理事・スポーツディレクターを務める室伏広治を迎え、新成人約500人と司会を務めた松岡修造氏らで、広場に「2020」の人文字を作った。


 その後行われたトークショーではゲストの面々が「今日から何をスタートさせるか」をテーマにボードに宣言を記入。思わぬ珍宣言も飛び出し、松岡氏がまとめるのに一苦労の場面もあったが、最後はそれぞれが2020年に向けての思いを語り、イベントを締めた。