試飲は毎日300種以上! 日本最大規模のワインフェア/10月10日(水)の東京イベント

「世界の酒とチーズフェスティバル」本日スタート
写真左:「ヒドゥン・クリーク・レッド・ブレンド」(1458円)と、ゑびすDaikokuの「メロ照焼」(918円)/写真右:「トレオン・デ・パレデスヴァレ・デ・レンゴ」(1566円)と銀座アスター「肉団子の甘酢あんかけ」(864円)
 世界中から集結する1000種類以上のワインと、チーズをはじめとするフードとのマリアージュを楽しめる大丸東京店の名物イベント「世界の酒とチーズフェスティバル」が本日10日15時よりスタート。

 1975年に始まった、日本で最も歴史あるワインフェア。毎年の来場者数は約1万人。ワイン3万本を売り上げる人気イベントだ。世界中から1000種類以上のワインが集結し、毎日300種類以上の試飲も用意。品揃え、試飲数ともに日本最大級の規模となる。

 今回のテーマは「コロンブスデーから始まるワインの新発見」。10月12日の新大陸発見デーになぞらえ、コロンブスにゆかりのある国のワインも登場。 ワインと合わせて大丸東京店のほっぺタウンで人気のお惣菜とのマリアージュも紹介する。選りすぐりのワインとグルメを楽しもう。
写真左:「ヒドゥン・クリーク・レッド・ブレンド」(1458円)と、ゑびすDaikokuの「メロ照焼」(918円)/写真右:「トレオン・デ・パレデスヴァレ・デ・レンゴ」(1566円)と銀座アスター「肉団子の甘酢あんかけ」(864円)
『第94回 世界の酒とチーズフェスティバル』
【期間】2018年10月10日(水)~10月16日(火)
【時間】10~20時 ※10日は15時~。木・金曜日は21時まで
【会場】大丸東京店 11階催事場
6月4日「ショートフィルムの日」に行定勲監督と別所哲也が“コロナと映画業界”を考えるオンラインイベント
都内近郊の水族館・動物園が営業再開へ!アクアパークに八景島も
渋谷PARCO、営業再開で無観客前夜祭! BiSH、オカモトレイジらが盛り上げる
都内映画館も営業へ。アップリンク再開初日は一律500円で傑作選上映
川越で宅配温泉サービス「ハイタツミゼット」スタート!昭和のミゼットがお届け
IKEA原宿、6月8日に開業へ 来店時はマスク着用など新型コロナ対策