【4DX特別招待券プレゼント企画】11月は「奇跡の瞬間」を4DXで体感せよ!

アクションもファンタジーも音楽映画も4DXで感動が倍増
ユナイテッド・シネマで上映される、好きな4DX作品を鑑賞できる4DX特別招待券を読者3組6名にプレゼント!

【使用可能館】ユナイテッド・シネマ豊洲、ユナイテッド・シネマ札幌、ユナイテッド・シネマ前橋、ユナイテッド・シネマ春日部ほか
【有効期限】2018年12月31日
【応募方法】応募方法は下記の2ステップ。
<応募条件>
ステップ1:TOKYO HEADLINEのTwitterアカウントをフォロー
ステップ2:対象ツイートをリツイート
【締め切り】11月30日(日)23時。当選者の方々にはTwitterのダイレクトメッセージでご連絡します。
https://twitter.com/TOKYO_HEADLINE


©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

クイーンとフレディの“伝説”を全身で体感『ボヘミアン・ラプソディ』4DX


 今なお世界中に愛される伝説のバンド〈クイーン〉。そのリード・ヴォーカルにして稀代のエンターテイナー、フレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の人生を描く大ヒット中の話題作。エリック・クラプトンやエルトン・ジョンといった大御所はもちろんレディー・ガガやケイティ・ペリーといった現代のトップアーティストも多大なリスペクトを捧げるクイーンとフレディのドラマティックなストーリーを、その名曲の数々とともに描く。

 クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を務めており、劇中ではフレディ自身の歌声を使用した28曲が登場。中でもクライマックスの21分に及ぶライヴ・エイドでのパフォーマンスシーンには彼らを知らない世代も鳥肌必至。4DXの臨場感は、さながら熱狂の会場にいるかのよう!
©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

4DXはここがスゴイ① 物語に合わせた演出の使い分けが絶妙!


 4DXというとアクションやファンタジーのアトラクション的な演出を思い浮かべる人も多いけれど、すべての演出は映画の場面に合わせ綿密にプログラムされている。「ドラマ作品なので、4DXで落ち着いて見られるか少し疑問だった」という40代の夫婦。「前半、常に動いているわけじゃないくて良かった、と思っていたら、いつのまにか物語に入り込んでいて、意識せずに動いたり振動したりする演出を楽しんでいて、自然と気分が高揚していました」と、4DXならではの楽しみを体感した様子。

4DXはここがスゴイ② 1985年7月13日のライヴ・エイド会場に「いる」!


「あの伝説のライブ会場に自分がいるような、5人目のメンバーになってフレディたちと一緒にステージに立っているような気持ちになって、涙があふれました」と、クライマックスのライヴ・エイドでのパフォーマンスシーンを振り返るクイーンファンの40代女性。「ライブ会場で感じる重低音の振動だったり、視界に合わせて座席が動いたり、この臨場感はやっぱり4DXならではだと思いました」と大満足。「実はあまりクイーンのことは知らなかった」という20代の男女も「CMとかで聞いたことのある曲もいくつかあったけど、こんなにかっこいい曲だとは思っていなかった。最後のライブは生で聞いているみたいで良かった」とクイーンの魅力にハマった様子。

『ボヘミアン・ラプソディ』
監督:ブライアン・シンガー 音楽プロデューサー:ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー 出演:ラミ・マレック、ルーシー・ボイントン、マイク・マイヤーズ他/20世紀フォックス映画配給/全国公開中 4DX:ユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて公開中
http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/

©&TM 2018 MARVEL

浸食度に比例して4DX演出の本領が全開に!『ヴェノム』4DX


 スパイダーマン最大の宿敵にして、マーベル史上最凶最悪のヴィランが、ダークヒーローとして登場! 見るからに凶悪極まりないルックスとその異色のキャラクターで愛されるスーパーヴィラン、ヴェノムを主人公にした話題作。ヴェノムと“共生”する運命に翻弄される記者エディ役には『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディ。エディの恋人アンを演じるのは『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のミシェル・ウィリアムズ。マーベルのヒーローシリーズは4DXファンからも毎回大好評だが、本作まさに4DX演出の本領を発揮する痛快なエンターテインメントとなっている。
©&TM 2018 MARVEL

4DXはここがスゴイ① 危険な主人公の危険な魅力を全身で体感


 主人公エディはシンビオートという生命体に寄生され、ヴェノムというダークヒーローに変身する。冒頭から4DX演出によってスリリングな世界に引き込まれていくのだが、エディが“悪”に浸食されていけばいくほど物語も、そして4DX演出もよりスリリングに、激しさを増していく。鑑賞者は、自分の体がコントロールできない力に突き動かされていくエディの気持ちを身をもって体感することに!


4DXはここがスゴイ②ヒーローの超人的パワーを体感できる!


 スーパーヒーロー映画の醍醐味といえば何といっても、実際には体感することのできない超人的な能力を疑似体験できること。超高層ビルでの戦いや危険なバイクチェイス、大爆発の衝撃、そしてシンビオートと一体化する不気味な感覚まで、風、フラッシュ、振動に衝撃と、4DX演出がてんこ盛り! 究極のヒーローアクション映画を見た満足感に浸ることができるはず。

『ヴェノム』
監督:ルーベン・フライシャー 出演:トム・ハーディ、ミシェル・ウィリアムズ他/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント配給/全国公開中 4DX:ユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて公開中
http://www.venom-movie.jp/


【4DXデジタルシアターとは?】

 4DXとは現在、映画業界で最も注目を集める、最新の“体感型(4D)”映画上映システム。座席(モーションシート)が、映画のシーンに完全にマッチした形で、前後&上下左右に動き、その衝撃を再現。嵐などのシーンでは“雨”が降り“風”が吹き付け“雷”も表現。さらに“香り”や“煙り”などさまざまな特殊効果で「目で見るだけの映画」から「体全体で感じる映画」へ映画体験を進化させる。通常のシアターでは得ることができない特殊効果によって、映画の持つ臨場感=魅力を最大限開放することができる、アトラクション・スタイルの映画上映システムだ。
 4DX上映作品は、通常鑑賞料金 + 1000円 (3D作品の場合は +1400円)で鑑賞できる。
★他にも11月は…おススメ4DX作品!

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』4DX
全世界待望の、ハリー・ポッター魔法シリーズ最新作! シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場。果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか?
監督:デイビッド・イェーツ 出演:エディ・レッドメイン、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ他/ワーナー・ブラザース映画配給/4DX:11月16日(金)〜22日(木)ユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて1週間限定上映 11月23日(金・祝)より全国公開 fantasticbeasts.jp 
キャンペーンは終了いたしました。多数のご参加ありがとうございました。
【ひめくりワンダホー】ムギくん(1歳0カ月)
【読プレ】魔法の国「二ノ国」での“究極の選択”描く
【ひめくりワンダホー】laniちゃん(5歳5カ月)
【田口桃子の「SOD女子社員は脱がなきゃだめですか?」】第6回 「女性が集まって性の話しちゃだめですか?」
【ひめくりワンダホー】locoちゃん(6歳6カ月)
GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】第32弾 伝説のコラムニスト…