アートとテクノロジーが融合すると、どんな未来が見えてくる?/2月23日(土)の東京イベント

「Media Ambition Tokyo 2019」3月3日まで開催中
落合陽一「風景と質と:2.焦点の散らばった窓」
 今年で7回目を迎える、未来を創造するテクノロジーカルチャーの祭典「Media Ambition Tokyo 2019」が本日23日より六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて開催。

 最先端のテクノロジーカルチャーを、実験的なアプローチで都市実装するリアルショーケース。東京シティビューをはじめ、六本木、渋谷、銀座、虎ノ門、台場など、
都内各所を舞台に最先端のアートや映像、トークショーが展開され、国内外のさまざまな分野のイノベーターや企業が参画する。
シナスタジアラボ「シナスタジアX1−2.44」
 なかでも、東京シティビューでは注目作品が一挙集結。ポケモンスコープを装着して、現実空間に出現するポケモンを楽しむことができる大人気の「Pokémon GO」や、自分のスマホの中に現れる“精霊”と会場内を冒険できる「裏窓ータヌキのめざめ」といった、大人も子供も楽しめる体感型の作品もめじろ押し。

「風量と質と」をテーマにイメージによる表現と物質のはざまにある美しさを追求した落合陽一の7つの作品、44の振動子を組み込んだ装置に身を委ねると音と振動、光に包まれる共感覚体験装置「シナスタジア X1」など、新たな感覚に出会える作品が勢ぞろい。
ANOTHER FARM「Modified Paradise“Dress”」
 また「ispace」による月面探査プログラム「HAKUTO-R」から、来年打ち上げ予定の実物大のランダー(月着陸船)とローバー(月面探査ロボット)が展示。まさに未来に挑むプロダクツを目の当たりにできる。
月面探査プログラム「HAKUTO-R」
PARTY「GANGU |01 car」
『Media Ambition Tokyo 2019』
【期間】2019年2月23日(土) ~ 3月3日(日) 
【時間】10~22時 ※開催期間は会場によって異なる
【場所】六本木ヒルズ、東京シティビュー、TOKYO culture research、TOKYO MIDTOWN他
【URL】http://www.mediaambitiontokyo.jp
松屋銀座、20年ぶりに「孫の日」を復刻!全館でギフトフェア開催
【川越発】お寺から LGBTQ啓発のSAITAMA RAINBOWフェスティバルがスタート
恒例の「下北沢カレーフェスティバル」、感染症対策を講じ1日開幕!
Go To 東京ラーメンストリート!開業15周年の特別メニューがスタート
水の呼吸!名セリフも紅蓮華も収録された竈門炭治郎の「日輪刀」が実物大で登場
役所広司「例年は美しい女優さんなのに…」リアル開催に挑む東京国際映画祭アンバサダーに意欲