トライアスロン女子・高橋、自己ベストで東京五輪へ弾み

チームメートのテイラー・スパイビー(アメリカ)と抱き合う高橋。

良いペースを作ってくれた、海外のチームメート



 今大会には、高橋の活動拠点であるアメリカ・サンディエゴの海外チームから7人が出場。良きライバルであり、仲間であるチームメートの存在は大きかったという。「ランのとき、チームメートのテイラー・スパイビー選手が、「ついておいで」と言って良いペースを作ってくれた。テイラー選手のおかげで、良いプランを組み立てられた」とコメント。チームメートとの絆に支えられ、掴んだ自己ベストでもあったようだ。

 次のレースは、8月にお台場海浜公園で開催される「ITU オリンピッククオリフィケーションイベント」。東京2020大会の本番を想定したテストレースで、いわば前哨戦となる闘いだ。高橋は、「お台場も似たような展開になるんじゃないか」と予想する。課題とする最後のランは、「後半のひと押しまだ足りない。表彰台には、まだまだ差があると思っているので、ここで満足せずに、さらに上を目指したい」と意気込んだ。
<<< 1 2 3
11・3「KO-D無差別級王座戦」の調印式で佐々木大輔が遠藤哲哉をKO【DDT】
前代未聞の2連続タイトル戦で樋口、坂口、赤井の「イラプション」がタッグ&6人タッグの2冠王に【DDT】
竹下幸之介が11・3大田区で一騎打ちの秋山準組との最後の前哨戦で勝利【DDT】
女子高生ファイターのNOZOMIとケイトがそろってデビュー勝ち【Krush-EX】
レインズが挑戦者ジェイに“アイ・クイット”戦での一族追放を予告【WWE】
オーティスとミズのMITB権利書争奪戦が法廷で決定【WWE】