トライアスロン女子・高橋、自己ベストで東京五輪へ弾み

チームメートのテイラー・スパイビー(アメリカ)と抱き合う高橋。

良いペースを作ってくれた、海外のチームメート



 今大会には、高橋の活動拠点であるアメリカ・サンディエゴの海外チームから7人が出場。良きライバルであり、仲間であるチームメートの存在は大きかったという。「ランのとき、チームメートのテイラー・スパイビー選手が、「ついておいで」と言って良いペースを作ってくれた。テイラー選手のおかげで、良いプランを組み立てられた」とコメント。チームメートとの絆に支えられ、掴んだ自己ベストでもあったようだ。

 次のレースは、8月にお台場海浜公園で開催される「ITU オリンピッククオリフィケーションイベント」。東京2020大会の本番を想定したテストレースで、いわば前哨戦となる闘いだ。高橋は、「お台場も似たような展開になるんじゃないか」と予想する。課題とする最後のランは、「後半のひと押しまだ足りない。表彰台には、まだまだ差があると思っているので、ここで満足せずに、さらに上を目指したい」と意気込んだ。
<<< 1 2 3
岡本涼香&森光の新コンビでTOKYO MX「F.C.TOKYO COLORS」4年目のシーズンがスタート
鈴木健吾が初の2時間4分台の日本新記録も1億円はもらえず
名門・時津風部屋で親方が 2代続けて不祥事で退職
大仁田厚が米AEWでの電流爆破デスマッチの“立会人”オファーをコロナ禍のため断念
橋本聖子会長が海外からの観客受け入れに「聖火リレーの前には決めたい」。無観客は議題に上がらず
迫力・ラグビー【アフロスポーツ プロの瞬撮】