男性23歳「仕事で必要なコミュニケーションを取るのが苦手です」【黒田勇樹のHP人生相談 110人目の2】

▼相談者さんに「やる」と言わせる策を巡らせてみました。



 例えば「歌が上手くなりたいです」とか「足が速くなりたいです」という相談が来たとして、僕は「読むだけで“歌が上手くなったり”“足が速くなったり”する回答」が出来ません。
せいぜい練習メニューを考えてあげて、あとは相手が実践してくれることを祈るのみなのです。

 今回の相談「コミュニケーションが出来ない」も同じで、実はコミュニケーション能力て「訓練」で向上させることが出来るんですが、ここから先は「相談者さんが実践してくれるかどうか」にかかってます。やらない理由は沢山思い浮かぶでしょう。

 特にここまでのやりとりをみると相談者さんは「最低限のコミュニケーションをとれば生きていける環境」にいたようなので“必死”になるのはかなり難しいと思います。
でもね!今予感している「コミュニケーション出来なければ人生が終わる」、それ、本当ですよ!

 現代はそれなりに弱者が生きていける社会が形成されていますが、災害や戦争が起きたらそんなものはすぐに崩壊します。

 人間最大の武器は「情報」で、それを得るのは「コミュニケーション」しかありません。
大規模じゃないから気づかないだけで、今も厳しい生存競争は続いているんです。

 この“情報”って前回も書きましたが、ネットやメディアでは正確な“情”を受け取ることが出来ないから、対人間じゃないと、本当に必要なものの本質を受け取ることは出来ないんですよ。

 メディアが発達し続けて1周回った結果、女子高生たちの中では「大事なことは口頭で伝える」がデフォらしいですよ!

 さて、そうは言いつつ形式上対面で回答できないので、どうにかこうにか相談者さんに「やる」と言わせる策を巡らせてみました。

 この中から選べ!

 3つ提示するから選んで「やります!」って言え!

 コミュニケーションの訓練なら、これが最適だ!

・ナンパ!
・モノマネ!
・演劇!

「出来そう」とか「出来なさそう」には興味がないので、サイコロ振ってでもどれかひとつを選んで「やる」って言え!

 具体的な訓練方法は、次回伝えることとする!

 お返事お待ちしてます!
<人生相談の宛先はこちら
黒田勇樹に相談したい方はメールにて相談内容をお送りください。メールには「ニックネーム、性別、年齢、ご相談内容」をご記載ください。メールアドレスは「sodan@tokyoheadline.com」になります。

黒田勇樹(くろだ・ゆうき)
1982年、東京都生まれ。幼少時より俳優として舞台やドラマ、映画、CMなどで活躍。
主な出演ドラマ作品に『人間・失格 たとえば僕が死んだら』『セカンド・チャンス』(ともにTBS)、『ひとつ屋根の下2』(フジテレビ)など。山田洋次監督映画『学校III』にて日本アカデミー賞新人男優賞やキネマ旬報新人男優賞などを受賞。2010年5月をもって俳優業を引退し、「ハイパーメディアフリーター」と名乗り、ネットを中心に活動を始めるが2014年に「俳優復帰」を宣言し、小劇場を中心に精力的に活動を再開。
2016年に監督映画「恐怖!セミ男」がゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて上映。
現在は、映画やドラマ監督、舞台の脚本演出など幅広く活動中。

公式サイト:黒田運送(株)
Twitterアカウント:@yuukikuroda23

<最近の黒田くん>

「近況は、ブログでちぇっく!
https://ameblo.jp/kurodax-blog/entry-12489312029.html

 


「更新頻度アップキャンペーンちゅう!」
http://ameblo.jp/kurodax-blog

「ファンクラブ始めました!
https://camp-fire.jp/projects/view/10006


<<< 1 2
女性28歳「人の名前が覚えられません」【黒田勇樹のHP人生相談 122人目】
いよいよ開幕のSSFF&ASIA2020!CG部門もハンパないぞ!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
女性30歳「彼氏以外の男から口説かれたことを彼氏に報告しないのは隠し事になるのでしょうか?」【黒田勇樹のHP人生相談 121人目】
ジョニデ!サムライミ!リンチ!? “泣ける”ゾンビ映画「ブラックガイアンドラ」がSSFF&ASIA2020で上映!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
SSFF&ASIA2020では「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督の若かりし頃の作品も観れちゃう!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
SSFF&ASIA2020 U-25部門で輝く未来の才能たち!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】