ふたを開けると春満開!銀座で見た目も味わいも華やかな「お花見ロール寿司弁当」をテイクアウト

 東京の桜の満開が発表され、いよいよ春本番。現在、銀座の創作和食店「SHARI(シャリ)」「SHARI THE TOKYO SUSHI BAR(シャリ ザ トーキョー スシバー)」の2店舗では、自宅にて華やいだ気分で過ごす“おうち花見”にぴったりの春限定メニュー「お花見ロール寿司弁当」をテイクアウトで提供している。「SHARI」で開催されたテイクアウト試食会より同メニューをご紹介。



春限定のテイクアウトメニュー「お花見ロール寿司弁当」(写真はイメージです)

 レストラン運営のノバレーゼが展開する「SHARI」「SHARI THE TOKYO SUSHI BAR」は、色鮮やかなロール寿司をはじめ、モダンな創作和食を提供するダイニング。同店名物のロール寿司を、一貫およそ直径3cmのひと口サイズで詰め合わせたのが「お花見ロール寿司弁当」だ。「桜海老と春野菜のロール」「桜と海老の春ロール」など、桜の花や桜鯛、桜エビ、ホタルイカ、タケノコなど旬の素材をふんだんに使った華やかな新作ロール寿司5種と、「カリフォルニアロール」「サーモンロール」「イタリアンロール」など定番人気の7種を折り詰めにしている。


 ふたを開くと、桜の花や食用のエディブルフラワーが散りばめられたカラフルなロール寿司が並んでいるさまは、まるで宝石箱! ホタルイカやイクラ、そら豆、花びら百合根などの食材もあしらわれ、見た目にも味わいにも春を迎えた華やかな気持ちを盛り上げてくれる。山芋やオクラ、キュウリなどシャキシャキした食感の野菜も多く、ボリュームたっぷりなのに意外とヘルシーというのもうれしいところ。


 内容は9種9貫(1人用、税込1500円)、9種18貫(1〜2人用、同2600円)、12種36貫(3〜4人用、同4900円)の3種類から選べるため、個別に取り分けることや家族の人数に合わせて用意できる。「お花見ロール寿司弁当」は持ち帰りのみで、受け取り日前日の15時までに電話および店頭で予約のうえ、店頭にて引き渡しとなる。なお、「SHARI」店内では新作ロール寿司から4種と日替わりロール寿司2種を各一貫ずつ盛り合わせた「ロール寿司御膳」(同2200円)を提供しているので、店内でお花見気分を味わうことも可能。


 卒業、入学、就職など春のお祝い事にもぴったりの「SHARI特製春のお花見ロール寿司」は4月30日まで。



1 2>>>
コロナ禍で変わる「ミネラルウォーター」との付き合い方
和歌山の果物専業農家の完熟フルーツパフェが東京に!「観音山フルーツパーラー銀座店」オープン
新宿でルミネ・ニュウマン・ルミネエストが3館合同サスティナブルイベント「SMART LIFE」開催
カレー好き必見!こだわり詰まった「間借りカレーウィーク」が都内6カ所で開催
秋の夜長に食べたい!ハーゲンダッツの ファミマ限定「ストロベリーショコラパフェ」
トビウオバーガーに屋久鹿タコスも!新宿で希少な屋久島食材のグルメが楽しめる「屋久島フェア」