インド人もびっくり!有名俳優が惚れ込んだ味 下北沢「大阪マドラス22号店」で大阪カレーとドリンクを堪能

 俳優の北村一輝がオーナーを務めることで話題のカレー専門店「大阪マドラスカレー」が、コロナ禍の中で新店を続々オープンさせている。4月にオープンした下北沢「大阪マドラス22号店」にて試食会が行われ、大阪発の甘辛カレーの人気の秘密に記者が迫った。

下北沢「大阪マドラス22号店」の「大阪マドラスカレー」880円(税込)

「大阪マドラスカレー」とは、1988年に大阪・日本橋で創業した「カレーやマドラス」の味にハマった北村が、そのレシピを継承し「マドラス」の名前を冠してオーナーに就任。2019年オープンの赤坂店に続き、この4月に「大阪マドラス22号店」と吉祥寺に「大阪マドラス123号店」を構えている。「マドラスカレー」「インデアンカレー」などに代表される大阪カレーは、現在主流のスパイスカレーとは一線を画す、懐かしさを感じる甘くて辛い味わいが特長なのだとか。

 早速メインの「大阪マドラスカレー」が登場した。シルバーのオーバルプレートから決壊寸前まで並々と注がれた海というか溶岩流のようなカレー。とにかくデカイ! ソースの中央には卵黄、波打ち際に真っ赤な福神漬けが添えられている。さらに同店ではキャロットラペと、なぜか沖縄の郷土料理「イナムルチー」なる味噌汁がセットに。

 あまりの物量にひるみつつスプーンでひとさじカレーをすくう。ひと口目に感じるのはフルーティーな甘さで、あとからスパイシーな辛さが追いかけてくる。独特な甘辛い味わいの秘密は、30種類のスパイスと4種のフルーツを煮込んだソースで、その配合は門外不出なのだという。ソースに卵黄を混ぜるとマイルドさとコクがプラスされ、とんでもない量なのに意外とイケてしまうのが恐ろしい(カロリーが)。とはいえ物理的に多いので、心が折れかけたらテーブル備え付けの辛味スパイスで味変すると、気分が変わって最後までおいしく食べられる。さっぱりしたキャロットラペも好相性。

 ちなみに「イナムルチー」とは豚肉、こんにゃく、キクラゲ、厚揚げなどが入った具だくさんの味噌汁のこと。「猪もどき」つまり猪肉の代わりに豚肉を使った汁物の意味で、沖縄では正月やお祝い事の際に食べられる料理だそう。北村の母親が沖縄出身とのことでメニューに組み込まれ、甘くて濃い味噌味と味の染みた具材が地味だけれど抜群においしい。

1 2 3>>>
希少な天然石や大粒ジュエリーも!「ビズー表参道店」コンセプトは“宝石が生まれる場所”
国際短編映画祭『SSFF & ASIA 2022』公式審査員に奈良橋陽子や樋口真嗣監督ら豪華映画人が決定
さよなら24歳。よろしく25歳。《第10回 Glow of Tokyoのコソコソばなし》
かっぱ寿司の大人気スイーツ「プリン」が巨大化!れんげで食べる「丼プリン」登場
天然の本鮪、めばち鮪、あじ、金華鯖が大集合!魚好き注目の「かっぱ寿司の天然魚祭り」
麻婆豆腐が大集合 中野で四川フェス