恒例の流しそうめん。今年は豊富なつけだれでついつい食べ過ぎ…

Farming Garden in リソル生命の森リゾート イベントリポート
 都市生活者が農業を楽しみながら実践するファーミングプロジェクトが7月24日、千葉・リソル生命の森リゾート内のファーミングガーデンで行われた。

 この日は最初こそ曇り空で「涼しくて快適」と思わせておいて、すぐに太陽が顔を出し、もう完全に夏。来月のことを考えるのが今から怖いくらい。

 まずはジャガイモ、カボチャ、ズッキーニ、ナス、ピーマンを収穫。以前に植えた枝豆も順調に育っており、来月には収穫できそう。

 昨年はイノシシの被害が甚大で、今年は畑を網で保護。その甲斐あってか、今年は被害も少なめ。でもゼロではない。「どこから…?」とみんなが首をひねるが、これが野生ということなのか…。

 攻撃は下からのイノシシだけではない。上からはカラスが野菜を狙っている。こちらも長年の課題ではあったが、最近は被害を最小限に食い止めている。鳥といえば、カボチャ畑では去年に引き続き山鳥の卵を発見。去年は無事に孵化したようだが、果たして今年は…。

 カボチャはオレンジのターバンカボチャ、通称ゴジラカボチャといわれるキオッジャカボチャなどさまざまな種類のものを収穫。ちなみにカボチャって鳥などに少々つつかれても自分で復元するらしい。たくましい!!

 お楽しみの青空ごはんは毎年恒例の「流しそうめん」。普通のつけだれの他に、塩だれ、坦々スープ風、鶏そば風とつけだれも豊富。後半はそばも流され、ついつい食べ過ぎる人多数。野菜の煮びたしと合わせて、おいしくいただきました。