葉物大収穫祭で年納め&クリスマスリース作りで年末の準備もOK

Farming Garden in リソル生命の森 イベントリポート

 農業を楽しみながら実践する『ファーミングプロジェクト』のマンスリーイベントが11月27日、千葉・リソル生命の森内のファーミングガーデンで行われた。今回で2017年の締めくくりとなる。

 リーフレタス、白菜、キャベツ、水菜、からし菜、小松菜、高菜と葉物野菜が収穫時を迎えて、参加者みんなで収穫。年納めということもあり畑の整備をしていると、参加者の一人が3年前に植え付けをしたゴボウを発見するといったサプライズも。収穫後には玉ねぎとそら豆の植付も。収穫は来年の6月頃の予定。 

 畑作業の後は、恒例となったクリスマスリースづくりに挑戦。今年はリースの素体にオアシス(吸水スポンジ)を使用。これによりリース作りに生花や植物を使用できる。コニファー、月桂樹の枝、ローズマリーやレモングラス、姫リンゴ、松ぼっくりなどから、好みのものをセレクトして参加者それぞれ好みのクリスマスリースを夢中で制作した。

 毎回楽しみの“青空ごはん”はマダガスカル料理のエノキソア・プティポワ(豚肉とグリンピースの煮込み料理)とシンガポールの名物料理のペーパーチキン(鶏肉と具材をパラフィン紙で包み油で揚げたもの)と畑で収穫したばかりのレタスをサラダに。青空ごはんで身も心も暖まりながら、来年は畑でどんな野菜を育てるかアイデアを出し合った。年明けは畑も春を迎える3月から。
【運営・問い合わせ】ニ十一世紀倶楽部 千葉事務局 エバーグリーンホースガーデン TEL:0475-35-5560