【江戸瓦版的落語案内】馬のす(うまのす)

Rakugo guidance of TOKYOHEADLINE【ネタあらすじ編】
 落語の中には、粗忽、ぼんやり、知ったかぶりなどどうしようもないけど、魅力的な人物が多数登場。そんなバカバカしくも、粋でいなせな落語の世界へご案内。「ネタあらすじ編」では、有名な古典落語のあらすじを紹介。文中、現代では使わない言葉や単語がある場合は、用語の解説も。
 釣り好きの男、今日も釣りに行きたくてソワソワ。女房に仕事をしてから行くようにたしなめられるが、仕事は帰ってからやると、熱心に道具の点検。重りも浮きもばっちり…と思ったら、肝心のテグスがダメになっている。そんな時馬を引いた男が通りかかるが、馬が突然足を止め頑として動かない。仕方なく近くの木に馬をつなぎ、男はどこかへ行ってしまった。「ああ、こんなところに馬を置きっぱなしにして…」と思ったが、ハタとひらめいた。「この馬のしっぽ、テグスの代わりになりそうだ」。そう思うや、馬のしっぽを3本引き抜いた。それを見ていたのが友達の勝っちゃん。「お前、えらい事やっちまったな。馬のしっぽを抜いたらどうなるか知らないんだろう。あーあ、大変な事になるぞ」と意味深な言葉。不安になって「一体どうなっちまうんだ?」と尋ねるも「俺だってタダで習ったわけじゃねえ。

 酒の一杯でもごちそうしてくれたら教えてやるよ」と言う。酒は無いと言ってみたが「今朝、お前のおかみさんが酒を2本下げて歩いてるのを見た」とバレている。仕方がないので勝っちゃんを家に上げ女房に銚子をつけさせた。「それで、馬のしっぽを抜くとどうなるんだ?」「まあまあ、急かすなよ。まずは酒を飲んでからだ」とのらりくらり。枝豆も出てきて、勝っちゃんの酒がすすむと口も滑らかに。「いや、俺も最初に聞いた時は震え上がったね。実際、俺もお前と同じように馬のしっぽの毛を抜いたんだが、その時ある人に“お前さん、そんなことをしたら祟りがあるよ”って言われて…」「それで、しっぽを抜くとどうなる…」「おかみさん、この枝豆の茹で加減、絶妙ですね。いやー、酒がすすむ。申し訳ないけどお銚子をもう1本頼みます」と酒と枝豆ですっかりいい気分。「だから、しっぽを抜くとどうなるんだよ!」と聞くも「そんなに急いじゃいけないぜ。後々、聞いてよかったって俺に感謝することになるんだから」とはぐらかす。

 いい加減にしびれを切らした男が「とっとと、どうなるか話しやがれ!」と大声を上げると勝っちゃんが、枝豆と酒を平らげ「ごちそうさん。さあ、馬のしっぽのわけ、教えてやろう」「ありがとう。それで、馬のしっぽを抜くとどうなるんだい?」「馬のしっぽを抜くと…」「うん、抜くと…」「馬が」「馬が…」「痛がるんだよ」。
【ひめくりワンダホー】涼央(りお)くん(2歳7カ月)
【江戸瓦版的落語案内】三枚起請(さんまいきしょう)
女性20歳「出会い系で出会ってそのまま彼氏彼女になることってあるんでしょうか?」【黒田勇樹のHP人生相談 102人目】
今年も手作りしました【友香の素 vol.204】
【ひめくりワンダホー】ひめちゃん(1歳4カ月)
【EXILE TETSUYA連載 DANCEの道】第77回「行き当たりバッチリ」