新たな発見があるかも 長島 大三朗写真展「solitarational singularity ―孤独における特異点―」


 最近注目されている写真家・長島 大三朗。彼の考案した造語「solitarational singularity」(孤独における特異点)をテーマとし、彼が自分自身との対話の中で発見した“特異点”を写し撮った40点に触れる写真展。

 機材にトイカメラを採用するなども興味深い。長島 大三朗の日常を切り取る視点の見事さを改めて感じることができる写真展だ。

長島 大三朗
1986 新潟生まれ。
2012年、第60回ニッコール・フォトコンテストにおいて、
"GENZABURO my grandfather"が、モノクローム部門準特選に選出。
2013年 写真展 「重力との邂逅」中目黒 CAMARADA
2015年 写真展 「GENZABURO my grandfather」
ROONEE 247photography

大三朗写真展「solitarational singularity ―孤独における特異点―」

【会期】12月12日(水)〜18日(火)
【会場】ANAGRA(東京都千代田区平河町1-8-9 地下一階)
【時間】平日15〜22時、土日14〜21時