ペットの殺処分ゼロを目指して 松本秀樹 INTERVIEW

 ペット番組でおなじみの浅井企画所属のタレント・松本秀樹が代表を務める一般社団法人ナチュラルドッグスタイル(以下、NDS)。そこではペット共生環境の改善と飼い主のマナー向上、殺処分ゼロを目指しさまざまな活動を行っている。
撮影・神谷渚
 ドッグイベントへの出演や、愛玩動物飼養管理士1級などの取得資格を生かした講演会などの活動をしてきた松本秀樹。現在は、NDSの代表理事として自らイベントを主催している。

「13年前からペット番組に携わるようになったんですが、だんだんと日本のペット飼育環境に根本的な問題があるということが分かってきたんです。今まで犬に支えられてきた人間が、そろそろ犬に恩返しをしなきゃいけない時期に来たんじゃないかなという思いから、“殺処分ゼロ”を目標に掲げて、このような活動をすることになりました。2011年にスタートした『松本秀樹のグッドライフ=ドッグライフカーニバル』というイベントは、情報型・体感型のイベントとして、犬との生活に関わる“食”“健康”“生活”“旅”“遊”“命”というテーマを設け、さまざまな企業のご協力のもと、すでに16回の開催をしてきました。例えば、日本では老舗のペットフードメーカーである“ペットライン”と共に、“食”というテーマで、飼い主さんにペットフードについて考えてもらうきっかけとして、ゲームやクイズ大会を通じて情報提供をしています。毎回そうやって、飼い主さんとペットに幸せになってもらいたいと願っている企業の協力を得ながら開催しています」

東日本大震災では協賛社と協力した支援も

「ちょうど社団法人として本格的に活動を展開することになったのが2011年4月。その準備をしている最中に、東日本大震災が起きました。阪神大震災や新潟中越沖地震などの時にも、マスコミでは同伴避難できないペットたちの実情や、人間優先のために行き届かないペットのための支援なども放送されました。今回、地震が起きてすぐ、僕も何かできないかと考えました。ツイッターなどのSNSを利用して被災地に直接呼びかけたところ、やはり一番の問題はペットフードの不足でした。そんな時に快くフードを提供してくれたのは、協賛社であるペットラインでした。一刻も早くということで提供してくださったドッグフード600キロを、これまたボランティアで名乗り出てくださったデコトラの運転手さんに助けられ、直接、被災地(仙台・気仙沼・陸前高田)に運びました。当時、電気の復旧もされていなかった被災地では、暗闇で光るデコトラのネオンを、お年寄りから小さな子供まで喜んでくれて。それも印象的でしたね。僕は、実際にペットフードがペットの口に入らなければ、それは支援とは言えないと思っています。でも当時は行政からのペットフード支援がうまくいかず、なかなか飼い主さんの手元にペットフードが行きわたらない状態でした。NDSでは、小さいところに行き届く支援をしたいという思いでペットラインにご協力いただきながら、その後も支援を続け、その総量は5トンを超えました(※現在は終了)。その他にも、ペットが入居できない仮設住宅の敷地に、ペット用の簡易型プレハブハウスを6基設置(30頭分)しました。現在は、行政や自治体と連携しながら、災害時のペット同伴避難のため、ペットを飼っていない方や苦手な方とのトラブルも考慮したガイドラインやシステム構築のために活動しています。」

イベントを通じて伝えたいこと

「ドッグオーナーさん向けのイベントでも開催していた“犬の命”に触れるプロジェクトを、未来を担う子供たちに向けて行いたいという思いが強くなり、昨年から『こども笑顔のラインプロジェクト』をスタートしました。僕が子供に伝えたいのは、“相手の立場になって思いやる”ということです。つまり、自分が犬に何かしようとするときに、その犬に一度なってみるということ。そうすることで、嫌な思いや怖い思いをさせていないかと想像することになります。これが“思いやる”こと、情操教育だと思うんです。犬の立場になれる子は、家族や友達の立場になれる子だと考え、人にも動物にも優しい大人になってもらいたいと願って活動をしています。そして、この“思いやる”気持ちが未来の殺処分ゼロにつながると信じています。僕が大切にしている言葉に、ガンジーの『その国の偉大さ道徳的発展は、その国の動物の扱い方でわかる』というのがあるんですが、つまりそれは自分たちの事以外に目を向ける道徳心を持つということが文化レベルの向上になるということ。2020年には東京に外国から多くの人が来ます。その時にアジアの代表として恥ずかしくない国でありたい。動物を大切に思う気持ちは、家族・地域・国を思う気持ちとして、日本が抱える多くの社会問題の解決や文化を支える根底だと考えています。日本人として、2020年に胸を張って世界の皆さんを迎えたいですよね!」
『こども 笑顔のラインプロジェクト』
【会場】専門学校 ちば愛犬動物フラワー学園【日時】5月18日 11:00〜16:00【内容】犬の五感を実際に体験したり、獣医さん体験やトリマー体験などを通じて、親子で命の大切さを学べる体験授業(小学生対象)。体験授業参加小学生募集中!詳しくはNDS事務局までお問い合わせください。 
一般社団法人ナチュラルドッグスタイル(NDS事務局)
【住所】東京都港区麻布十番4-6-8 二進ビル4F【TEL】03-6459-4778 (平日10〜17時)【mail】info@n-d-s.tv 
NDSの活動詳細はホームページで!【URL】http://www.n-d-s.tv