【いまライブで聴くべきバンド】下北沢のライブハウス「下北沢BASEMENTBAR」編

 自称「東京イチフレンドリーなライブハウス」、下北沢BASEMENTBAR。音楽の聖地・下北沢で、日々音楽の現場を目の当たりにするブッキング担当に、「今聞くべき、ネクストバズバンド」について話し合ってもらった。

 BASEMENTBARのフレンドリーな魅力について知りたい方はライブハウスは、音楽好きの社会人サークルだ! 【下北沢BASEMENTBAR】
右からクック店長、こっけ氏、かたしょ氏、高木氏
 東京の音楽シーンの最先端、サブカルの聖地下北沢に店を構えるBASEMENTBAR。幅広いジャンルのイベントを敢行し、東京のインディーシーンで活躍するバンドの「売れる前の登竜門」的な存在にもなっている。

ーー前回のインタビューで、かつてBASEMENTBARに出演していて、いつの間にか売れてしまったバンドを多く見た、というような話をお伺いさせていただきましたよね。

こっけ:BASEMENTは大きな規模のキャパではないので、売れる前のバンドを世に送り出す土台みたいな場所なんですよね。

クック:でも下北沢っていう場所柄もあって、才能はあるけどまだ始めたばっかり、みたいなバンドがあこがれて出てくれたりするから、結果的に売れていくバンドの成長過程を見ることになったりする。俺らもそういうバンドにはアンテナ強めに張ってるからね。

ーー売れたバンドってどんなバンドがいるんですか?

かたしょ:うち出身、というのは主観ですが、今爆発的なのは CHAI(チャイ)ですね。

こっけ:CHAIのスピード感はすごかったね。あとは Lucie,too(ルーシートゥ)も今キてるよね。

ーーでは、今、出ているバンドやアーティストの中でも、これからもっと大きくなって行きそう!というバンドがいるんですよね。

クック:いますね〜。そういう話は得意ですよ


ということで、今回はブッキングの4人にこれからもっと売れそうな、なんならそのうち「バズリズム」に出るんじゃないか?というくらい、インディーシーンで才能を感じているアーティストを選出してもらった。

クック:僕が今おすすめなのは、YAOYOROS(ヤオヨロズ)という4ピースバンドです。
1 2 3>>>
【CLUB】最新のグルーヴで盛り上がれ!!(2020.1.18〜)
人気シリーズの最新作はボリュームも楽しさも過去イチ「龍が如く7 光と闇の行方」
Creepy Nuts、新しいツアーは2マン! RHYMESTERら公演がわりで4組
“ふざけた社会派” 劇団チャリT企画『それは秘密です。』
『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』試写会に10組20名
パワフルで情熱的な歌声 大黒摩季「MAKI OHGURO LIVE TOUR 2020」