【いまライブで聴くべきバンド】下北沢のライブハウス「下北沢BASEMENTBAR」編

 自称「東京イチフレンドリーなライブハウス」、下北沢BASEMENTBAR。音楽の聖地・下北沢で、日々音楽の現場を目の当たりにするブッキング担当に、「今聞くべき、ネクストバズバンド」について話し合ってもらった。

 BASEMENTBARのフレンドリーな魅力について知りたい方はライブハウスは、音楽好きの社会人サークルだ! 【下北沢BASEMENTBAR】
右からクック店長、こっけ氏、かたしょ氏、高木氏
 東京の音楽シーンの最先端、サブカルの聖地下北沢に店を構えるBASEMENTBAR。幅広いジャンルのイベントを敢行し、東京のインディーシーンで活躍するバンドの「売れる前の登竜門」的な存在にもなっている。

ーー前回のインタビューで、かつてBASEMENTBARに出演していて、いつの間にか売れてしまったバンドを多く見た、というような話をお伺いさせていただきましたよね。

こっけ:BASEMENTは大きな規模のキャパではないので、売れる前のバンドを世に送り出す土台みたいな場所なんですよね。

クック:でも下北沢っていう場所柄もあって、才能はあるけどまだ始めたばっかり、みたいなバンドがあこがれて出てくれたりするから、結果的に売れていくバンドの成長過程を見ることになったりする。俺らもそういうバンドにはアンテナ強めに張ってるからね。

ーー売れたバンドってどんなバンドがいるんですか?

かたしょ:うち出身、というのは主観ですが、今爆発的なのは CHAI(チャイ)ですね。

こっけ:CHAIのスピード感はすごかったね。あとは Lucie,too(ルーシートゥ)も今キてるよね。

ーーでは、今、出ているバンドやアーティストの中でも、これからもっと大きくなって行きそう!というバンドがいるんですよね。

クック:いますね〜。そういう話は得意ですよ


ということで、今回はブッキングの4人にこれからもっと売れそうな、なんならそのうち「バズリズム」に出るんじゃないか?というくらい、インディーシーンで才能を感じているアーティストを選出してもらった。

クック:僕が今おすすめなのは、YAOYOROS(ヤオヨロズ)という4ピースバンドです。
1 2 3>>>
DOBERMAN INFINITYのミニライブに2000人超熱狂「良い6年目を作れるように」
『スター・ウォーズ』をフルオーケストラの生演奏で鑑賞!10月にシネマ・コンサート
部屋の中だってゴルフ場『みんなのGOLF VR』
悩み苦しみ、それを打ちやぶり、ドラマは始まる いろいろな戦いや格闘の向こうに見えるものとは【オススメ漫画 3選】
夏だ、やっぱりフェスだ!「FUJI ROCK FESTIVAL ’19」
劇団EXILE 秋山真太郎が小説家デビュー! 3年書き溜めた掌篇小説集 EXILE TAKAHIROがほれ込む