アートで気持ちもカラフルに!「写真展「木村伊兵衛 パリ残像」」

〈ミラボー橋,パリ,1955年〉©Naoko Kimura
 戦前そして戦後の日本を代表する写真家・木村伊兵衛。彼が1950年代のパリで写し撮った、人と街の表情を通して、当時のパリの魅力に触れる写真展。

 戦後間もない日本では海外渡航がきわめて難しく、芸術の都パリは遠い遙かな夢の世界だった。1954年、初めて念願のヨーロッパ取材が叶った木村伊兵衛は、ライカのカメラと開発されたばかりの国産カラーフィルムを手に渡仏。そこで写真家アンリ・カルティエ=ブレッソンやロベール・ドアノーと出会い、生きたパリの街並みと下町の庶民のドラマを目の当たりにした。本展では「パリの街角」「素顔のパリっ子」「安らぐパリ」「華やぐパリ」の4つの構成でカラー作品131点を展示する。

 念願のパリに渡った木村の視点はもちろん、木村作品のなかでは珍しいカラー表現の知られざる魅力、そして現代では失われた50年代半ばのパリの街角の光景も、興味深い。

 モノクロのリアリズムで昭和の日本をとらえてきた木村伊兵衛。そのイメージを新たにしつつ、パリを舞台に日常を切り取る視点の見事さを改めて感じることができる。
写真展「木村伊兵衛 パリ残像」

【会場・会期】日本橋三越本店 新館7階催物場 10月24日(水)〜11月5日(月)
【時間】10〜19時(最終日は18時閉場)
【休】会期中無休
【料金】一般・大学生800円、高校・中学生600円
【問い合わせ】03-3241-3311
【交通】地下鉄 三越前駅より徒歩1分
【URL】http://www.mitsukoshi.co.jp
オンラインで握るおにぎりって?「おにぎりキャラバンオンライン」盛況
都内近郊の水族館・動物園が営業再開へ!アクアパークに八景島も
渋谷PARCO、営業再開で無観客前夜祭! BiSH、オカモトレイジらが盛り上げる
劇団Rexyが5月30日から5週連続で土曜日にオンライン公演
都内映画館も営業へ。アップリンク再開初日は一律500円で傑作選上映
川越で宅配温泉サービス「ハイタツミゼット」スタート!昭和のミゼットがお届け