【冬の鍋特集】この冬のトレンドは“痺れ”“スパイス”“伸びるチーズ”がキーワード

 寒くなったら恋しいのが鍋。鍋は温まるだけではなく、野菜もたっぷり摂れてヘルシーなイメージが浸透。そして、スープさえつくれば、具材を入れるだけという手軽さで、冬の定番人気メニューだ。この冬はどんな鍋がトレンドなのか? 今年流行の鍋が食べられるサイトや店を紹介する。

 屋台屋博多劇場の名物「明太もつ鍋」は、たっぷりの野菜ともつの上にドドーンと明太子がオンされた九州らしさあふれる一品。痺れるほどの辛さではないが、明太子が溶けだしたスープはじんわりと体を温めてくれる。

 明太子は最初から溶かしてもよし、生のまま酒のあてにちびちび食べつつ自然に溶けるのを待つのもよし、食べ方は自分次第。野菜やもつと絡めても、もちろんうまし!だ。

 〆のおススメはチーズリゾット。意外に見える組み合わせだが、これがまた絶品。ぜひお試しあれ。

「沢の鶴」と「TRINUS」が新コンセプトの日本酒を共同開発!
大人が集う美食の街・恵比寿で中華を堪能 恵比寿中華 泰山(恵比寿)
国産黒毛和牛×旬の海鮮! 『焼肉うしごろ』が贅を尽くした限定メニュー
キットカットに新フレーバーが登場!濃厚ジャージー乳を使ったヨーグルト酒
虎ノ門・新橋エリアにプロが1杯ずつ淹れる日本茶専門カフェ「チャヤ 1899 東京」誕生!
【下町エリア篇】内幸町に九州&下町横丁がオープン!話題の「日ゞ小路」に行ってみた