堀口恭司が元UFCファイターと対戦。朝倉海vs佐々木憂流迦も決定【4・21 RIZIN.15】

初参戦のベン・ウィンと対戦する堀口恭司
堀口「打撃が得意で寝技もできる相手。しっかり仕留めたい」

「RIZIN.15」(4月21日、神奈川・横浜アリーナ)の第1弾カード発表会見が1月31日、東京都内で開催された。昨年大晦日にダリオン・コールドウェルを破り、初代バンタム級王者となった堀口恭司が戴冠後の初戦で元UFCファイターのベン・ウィンを迎え撃つ。ウィンはテコンドーをベースとする打撃系のファイター。UFCをリリース後、昨年の大晦日には会場でRIZINを観戦。満を持しての参戦となる。

 堀口は「相手がすごい打撃が得意な選手なんで、しっかりKOで会場を盛り上げる試合をする。UFCで戦っていた選手で何回か試合を見たことがあるが、打撃が得意で寝技もできるので、しっかり仕留めたい」などと話した。

 この試合の後はベラトールでコールドウェルとの対戦が予想されるのだが、こちらについては「戦略的には1回勝っているので、ああいう戦い方はしてこないと思うが、あれに近い形で自分はプランを組んでいこうかと思っている。自分にとっては金網のほうがやりやすいし、何度かベラトールも会場で見ているので、そんなに変わらないかなと思う」などと話した。
佐々木憂流迦との対戦が決まった朝倉海
海のSNS上での対戦アピールに憂流迦も応じる

 バンタム級では堀口のベルトを狙う佐々木憂流迦と朝倉海の注目の一戦が決まった。この2人は海のSNS上での対戦アピールに憂流迦も応じ、ファンの間でも対戦への機運が盛り上がっていた。

 憂流迦はアメリカに拠点があることからこの日の会見は欠席。主催者を通じて「名指しで試合をしたいと言ってくれてとても光栄。4月はぶっ潰し合おうぜ」などとコメントした。

 海は「今回は僕のほうから指名させていただいたのですが、こういうことを自分から言うのは好きじゃないですけど、憂流迦選手との試合を見たいという声がすごく多かった。みんなが見たい人とやるのがファイターの使命と思いアピールした。受けていただいて感謝していますが、勝てると思って対戦要求しているのでしっかり倒したい」と話した。
今回は68.0kgの契約体重で戦う朝倉未来
朝倉未来はライト級GP出場を見据え矢地を破ったルイス・グスタボと対戦

 朝倉兄弟の兄・未来は昨年8月の名古屋大会でライト級のエース矢地祐介を破ったルイス・グスタボと対戦。この試合は68.0kgの契約体重での試合となる。

 グスタボは矢地戦で拳を痛め、今回がそれ以来の試合となる。

 未来は「対戦相手の試合は去年、会場で見ていたが、急なオファーにも関わらず結構実力差があったように見えたので、強敵なのかなと思う。それとちょっと懐かしい気持ちにさせてくれるというか、久しぶりにちょっと楽しい喧嘩ができそうなので、すごい楽しみにしている。わざわざ地球の裏側から来てくれるんでね、殺るか殺られるかの試合をしたい」などと話した。

 また未来については榊原信行RIZIN実行委員長がライト級GPへの出場を打診していることを明かした。これについて未来は「今、体重を増やす努力をしている。まあ、期待に応えたいなとは思っています」と前向きな発言。現在は「普段の体重は72~73kgくらい。ウェイトトレーニングとか、体のアレルギー検査とかして、食べ物の食事改善などをして体を大きくしていこうと思っている」という状況という。

 矢地が大晦日も敗れ2連敗。査定試合に出場した大尊伸光もKO負けを喫するなど日本人ファイターが「やれんのか!」で勝利を収めた北岡悟以外は結果を残せていない状況のライト級GPだけに、未来の参戦に期待がかかるところだ。
DEEPライト級王者の武田光司
DEEPライト級王者・武田光司がRIZIN初参戦

 このライト級GP出場を目指し、DEEP同級王者の武田光司がRIZIN初参戦を果たす。対戦相手は後日発表となる。

 武田は昨年大晦日に引退試合を行った宮田和幸が代表を務めるBRAVE所属のレスリングベースのファイター。

 昨年10月に北岡の持つ王座に挑戦し、壮絶な打撃戦の末、フルマークの判定で勝利を収め、プロデビュー1年半で王座を獲得した。

 武田は「去年、BRAVEの宮田先生がこのRIZINで引退をしたんですけれども、僕は今回ジムを背負って、BRAVEには強い選手がいるってことをこのRIZINの舞台でお見せできればと思っています。4月に参戦させていただきますが、GPに向けて大きなアピールができれば。対戦相手は決まっていませんが、誰でもいいと思っている。自分の力が出せれば勝てるので、4月に向けて体をつくっていきたい。プロで試合を初めて1年と半年くらいですけれどもまだまだ自分も強くなると思っていて、1本を求められていく、そういう試合ができるようにしたい」などと話した。

 また、昨年のバンタム級と女子スーパー・アトム級に続きライトヘビー級でもタイトルを制定。キング・モーとイリー・プロハースカの間で「RIZINライトヘビー級タイトルマッチ」を行うことが発表された。

 この2人は2015年に行われた「RIZINヘビー級GP」の決勝で対戦し、モーが勝利を収めGPを制している。

 この日は合わせて今年の開催日程も発表。4月大会後は7月28日にさいたまスーパー・アリーナ、8月18日に愛知県体育館、10月に大阪か福岡、12月29、31日にさいたまスーパー・アリーナと6大会が発表された。榊原氏はこれに加えて、7月までに関東圏以外で1大会、9月末か10月に関東圏での大会を開催したい意向を示した。実現すれば最大で計8大会が開催されることになる。

 なお、RIZINでは昨年大晦日の「RIZIN.14」を現在スマートフォン向けのVR映像で配信中。VRゴーグルと観戦用QRチケットのセットで発売中となっている。