【FRONT LINE in 韓国】レトロ可愛いがたまらない「SALON DE YOHN」の魅力を聞く

 世界中どこでもファッション&ビューティにみんなが夢中。今はインスタで地球の裏側のトレンドだって、1タップでチェックできるけど、やっぱり現地にいって自分の肌で感じるものこそが本物の最先端、トレンド! 【FRONT LINE】は、モデル、DJ、コラムニストとしても活躍する、一木美里が現地に飛び、最前線をリポート。世界からファッション&ビューティのリアルなトレンドを発信します。

 K-POP、K-Beautyと世界から注目を集める韓国の最前線をリポートします! 今回はレトロ感がとてもキュートなブランド「SALON DE YOHN」のデザイナー、ヨンさんのお話を聞いてきました。



ーーブランドの始まりとコンセプトを教えてください。

私は韓国の大学でデザインを学び、ニューヨークの「MICHAEL KORS」のデザインチームで1年働いたのちに韓国へ戻りました。そして2014年にブランド「SALON DE YOHN」を立ち上げました。

コンセプトは70年代のレトロなスタイルと現代の融合です。新しいSALON DE YOHNのスタイルをつくりだしています。また、”着ると綺麗に見える服”というテーマもあります。私は女性の服はそうあるべきだと思っていますので。

ーーとくにこだわっているところはありますか。

SALON DE YOHNはレトロな感覚を目指しています。トレンド重視の韓国ですが、このブランドの雰囲気はずっと維持していくつもりです。
1 2 3 4 5>>>
自分のためにしか働かない【SOD女子社員・負け犬女の働き方改革】#5
【ひめくりワンダホー】虎太郎くん
GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】第45弾 流行りに乗れてるけども…辛い時もある…
【ひめくりワンダホー】晴海くん(2歳11カ月)
齊藤工総監督!映画「COMPLY+-ANCE コンプライアンス」にみる“トンガる”ことの怖さ【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
【ひめくりワンダホー】るぅくん(12歳3カ月)