【FRONT LINE in 韓国】レトロ可愛いがたまらない「SALON DE YOHN」の魅力を聞く

 世界中どこでもファッション&ビューティにみんなが夢中。今はインスタで地球の裏側のトレンドだって、1タップでチェックできるけど、やっぱり現地にいって自分の肌で感じるものこそが本物の最先端、トレンド! 【FRONT LINE】は、モデル、DJ、コラムニストとしても活躍する、一木美里が現地に飛び、最前線をリポート。世界からファッション&ビューティのリアルなトレンドを発信します。

 K-POP、K-Beautyと世界から注目を集める韓国の最前線をリポートします! 今回はレトロ感がとてもキュートなブランド「SALON DE YOHN」のデザイナー、ヨンさんのお話を聞いてきました。



ーーブランドの始まりとコンセプトを教えてください。

私は韓国の大学でデザインを学び、ニューヨークの「MICHAEL KORS」のデザインチームで1年働いたのちに韓国へ戻りました。そして2014年にブランド「SALON DE YOHN」を立ち上げました。

コンセプトは70年代のレトロなスタイルと現代の融合です。新しいSALON DE YOHNのスタイルをつくりだしています。また、”着ると綺麗に見える服”というテーマもあります。私は女性の服はそうあるべきだと思っていますので。

ーーとくにこだわっているところはありますか。

SALON DE YOHNはレトロな感覚を目指しています。トレンド重視の韓国ですが、このブランドの雰囲気はずっと維持していくつもりです。
1 2 3 4 5>>>
笑ったら負け!キュンキュンしたら大勝利! 映画『胸が鳴るのは君のせい』【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
ラルフと私のSDGs【黒谷友香の「友香の素」vol.334】
【ひめくりワンダホー】ハッチくん(15歳8カ月)
浦川翔平『BUZZらないとイヤー!』 第5回 スモールワールズ TOKYOのバズリを探れ!<後編>
【ひめくりワンダホー】レオくん(8歳7カ月)
改めて皇位継承問題を考える(その三)【長島昭久のリアリズム】