銀座でアートブックの魅力にハマる!/3月8日(金)の東京イベント

『#006 TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition』4月7日まで


 多彩な実験的プログラムを展開するGinza Sony Park 第6弾プログラム『#006 TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition』が本日8日からスタート。第6弾では、アートブックとの出会いや魅力を楽しむことができるアートブックフェアを1カ月にわたって開催する。

 TOKYO ART BOOK FAIRは、2009年にスタートしたアート出版に特化した日本で初めてのブックフェア。1年に1度、個性豊かなアートブック、カタログ、アーティストブック、そしてZINE(自主制作出版物)となどを出版するアーティストや出版社が一同に集結。毎回、国内外の出版社やギャラリー、アーティストら約350組が出展。2万人以上が来場する人気のイベント。
「Art Book Vending Machine」(開催場所:地下2階 平日:10~20時 ※3月11日(月)より開催 参加料:500円、または持参したアートブック1冊)
 Ginza Sony Parkでの開催となる今回、毎週末には、出展者が来場者と直接コミュニケーションをとりながら印刷物の魅力を伝える「Exhibitor Booth(出展者ブース)」が並ぶ。さらに平日にはフェア初となる「Art Book Vending Machine(アートブック販売機)」が登場。 国内外の個性豊かなアートブックやZINE を展示販売する「ZINE’S MATE SHOP」も開催する。

 期間中はアーティストや出展者による参加型イベントも多数開催。予約の有無、料金の有無などは公式サイトで確認を。
Exhibition 2 河井美咲「EXHIBITION(仮)」(3月18~24日)
「Book Making Workshop」(3月21日13~17時 参加費無料、予約不要)
Exhibition 3|ホンマタカシ「Every Building on the Ginza Street」(3月25~31日)
『#006 TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition』
【期間】2019年3月8日(金)~4月7日(日)
【時間】10~20 ※3月8日(金)は17~21時
【会場】Ginza Sony Park 地下2階~3階
【入場】無料
※混雑時は入場規制がかかる場合あり
※開催内容は予告なく変更となる場合あり
【URL】https://tokyoartbookfair.com/ginzasonypark/
松屋銀座、20年ぶりに「孫の日」を復刻!全館でギフトフェア開催
【川越発】お寺から LGBTQ啓発のSAITAMA RAINBOWフェスティバルがスタート
恒例の「下北沢カレーフェスティバル」、感染症対策を講じ1日開幕!
Go To 東京ラーメンストリート!開業15周年の特別メニューがスタート
水の呼吸!名セリフも紅蓮華も収録された竈門炭治郎の「日輪刀」が実物大で登場
役所広司「例年は美しい女優さんなのに…」リアル開催に挑む東京国際映画祭アンバサダーに意欲