「令和」の出典・万葉集ゆかりの地・富山の魅力を日本橋で/6月4日(水)の東京イベント

「日本橋とやま館開館3周年記念フェア~TOYAMA JAPAN 2019~」
新元号「令和」記念展(5/29(水)~6/9(日)
 本日6月4日に開館3周年を迎えた、富山県の首都圏情報発信拠点「日本橋とやま館」にて「日本橋とやま館開館3周年記念フェア ~TOYAMA JAPAN 2019~」が6月23日まで開催中。

 本フェアのメイン企画、開館3周年特別展示「TOYAMA JAPAN 2019」では、世界的なフラワーアーティスト「花千代」による「薬都とやま」で薬の原料に使われる「シャクヤク」と日本遺産「木彫刻のまち井波」で創作される伝統工芸品「井波彫刻」を組み合わせたインスタレーション「富山シャクヤクと工芸品の饗宴」を開催中。また、新元号「令和」の出典が富山県ゆかりの「万葉集」であることを祝した「新元号『令和』記念展」や、今夏、富山で開催される国際的な舞台芸術の祭典「第9回シアター・オリンピックス」展など、5つの展示企画を展開している。
1 2 3>>>
うつくしま ふくしま《第19回 Glow of Tokyoのコソコソばなし》
平野紗希子プロデュース、“時”をテーマにオリジナル和菓子を展開する「和菓子屋 とき」
かっぱ橋道具祭りが3年ぶりに復活 東京の秋の風景もどる
「伊達鶏のローストチキン」コースが2500円!上北沢の隠れた名店「レストランぷーれ」【レストランウィーク2022】
夜の水族館で生き物の「死」と「その先」を考える サンシャイン水族館「終わりは始まり展」
横浜赤レンガ倉庫で3年ぶりのオクトーバーフェスト始まる 横浜の秋の風物詩が復活