【インタビュー】『全裸監督』で体当たり演技!“黒木香”役に挑んだ注目女優・森田望智を直撃

Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』佐原恵美(黒木香)役 森田望智(もりた みさと)
 伝説的アダルトビデオ監督と伝説的女優の運命の出会い! 1980年代、アダルトビデオに勝機を見いだし、仲間たちと業界に殴り込みをかけた村西とおるが、後に伝説的女優・黒木香となる恵美と運命的な出会いを果たし、ともに社会の常識に挑んでいく姿を、村西とおるの伝記をもとに描くNetflixオリジナルシリーズ『全裸監督』。主人公・村西の運命を大きく変えることになる恵美役に大抜擢され、教養ある女子大生から性の開拓者へと変貌を遂げた女性を演じ切った新星・森田望智が本作に体当たりで挑んだ思いを語る。
撮影・蔦野裕 ヘアメイク・尾曲いずみ スタイリスト・山口美帆
「ネットで黒木香さんのことを検索してみたんですけど私、笑顔がちょっと似ているんじゃないかな、と思いました(笑)」と、屈託のない笑顔を見せる森田望智。本作の内容や体当たりシーンがあることなどを聞き、そのうえでオーディションを受けてみるかどうか尋ねられ「受けてみたいと思いました」と振り返る。

「長い役者人生の中ではいずれ体当たりの役と出会うこともあるでしょうし、それがこの作品だったらいいんじゃないか、と思ったんです。それで、すごく意気込んでオーディションを受けました。実は当日、マジックペンとアイラインで腋毛を描いて行ったんですけど、反応が良くなくて。武正晴監督もまったくそこには反応がなかったのですが、実はそれがけっこう好評だったみたいで、撮影に入ってから武監督に“今日は腋毛、無いんだね”と声をかけられました(笑)。オーディションではお芝居に全力で挑みましたけど、そんな意気込みも見ていただいていたのかな、と思います。受かったと聞いたときは夢かと思いました。これまで、やりたい役のオーディションに受かったと思ったら落ちる、という夢を何度も見てきたので(笑)」

 撮影が始まるまでの準備期間、できることはすべてやった、と語る。

「資料を読んだり、武監督が他のシーンの撮影現場に呼んでくださって見学させていただいたりしましたが、それ以外にも準備のためにやりたいと思ったことを相談できる環境を作ってくださいました。ストリップを見たことがないと言うと参考のために“じゃあ行きましょう”と連れて行ってくださったり。体型は大丈夫ですか、とか、どんなことを相談してもすぐ“じゃ、こうしましょう”ってサポートしていただいたので、できることはすべてやったと思います。もちろん、それでも不安はありましたけど…」
1 2 3 4 5>>>