フェザー級の松嶋こよみがホン・ジュニョンとの死闘制し準決勝進出【ROAD TO UFC】

一本勝ちを収めた内田(©Zuffa LLC/UFC)

非トーナメント戦で内田タケルが一本勝ち

 非トーナメント戦で行われたフライ級戦では内田タケル(パラエストラ松戸)がショーン・エチェル(オーストラリア)と対戦した。内田は修斗で6戦5勝1敗。5勝はすべて一本勝ちという新進気鋭のグラップラー。

 1R、内田はすぐに組み付くとケージに押し込み、テイクダウンを狙う。足をかけ倒そうとするも逆に体を浴びせられ下になってしまう。バックを狙うエチェルだが、内田は焦ることなく、体勢を入れ替え、上を取って逆にバックに回る。しかしエチェルにしのがれ、グラウンドで下に。バックを狙うエチェルだが、内田は正対に成功し、サイドから素早くバックを取って背に乗り、がっちりスリーパーをセット。エチェルが強引に落としにいくが、内田は離さず絞め上げるとエチェルはタップ。内田が一本勝ちを収めた。

 内田は試合後のインタビューで「初めて海外に来て試合をして緊張したんですが、一本で勝てて、反省するところはあるんですが、とりあえず勝てて良かったです。こんなでかい会場で戦うのも初めてで、勝てて気持ち良かったです。トーナメントには出られなかったですけど、自分はまだチャンスはあると思っているので、9月、12月も準備をして待っています」と語った。

「ROAD TO UFC」(6月9日、シンガポール・インドア・スタジアム)
〈エピソード1〉
◆第1試合 非トーナメント戦 ライトヘビー級 5分3R
○ジャン・ミンヤン(中国)(1R3分57秒、KO)トゥコ・トコス(イギリス)●

◆第2試合 フライ級トーナメント 5分3R
○チェ・ソングク(韓国)(判定3-0=30-27、30-27、30-27)ラマ・スパンディ(インドネシア)●

◆第3試合 バンタム級トーナメント 5分3R
●ケレムアイリ・マイマイチツォヘチ(中国)(判定0-3=27-30、27-30、28-29)風間敏臣(和術慧舟會HEARTS)○

◆第4試合 ライト級トーナメント 5分3R
●鹿志村仁之介(IGLOO)(1R4分45秒、TKO)キ・ウォンビン(韓国)○

◆第5試合 フェザー級トーナメント 5分3R
○イー・ジャー(中国)(1R2分14秒、リアネイキドチョーク)佐須啓祐(MASTER JAPAN)●

〈エピソード2〉
◆第1試合 非トーナメント戦 フライ級 5分3R
●ショーン・エチェル(オーストラリア)(1R2分26秒、リアネイキドチョーク)内田タケル (パラエストラ松戸)○

◆第2試合 ライト級トーナメント 5分3R
○ジェカ・サラギ(インドネシア)(3R2分24秒、TKO)パワン・マーン・シン(インド)●

◆第3試合 フライ級トーナメント 5分3R
○チウ・ラン(中国)(判定3-0=30-27、30-27、30-27)ウォーレン・デル・ロサリオ(フィリピン)●

◆第4試合 フェザー級トーナメント 5分3R
●ホン・ジュニョン(韓国)(判定1-2=29-28、27-30、27-30)松嶋こよみ(パンクラスイズム横浜)○
<<< 1 2
B1リーグ最年長プレイヤー田臥勇太が43歳で現役を続けられる秘訣「考えたことがない。ただ好きなだけ」
バドミントン元日本代表・潮田玲子がパリ五輪での混合ダブルス「ワタガシペア」の金メダル獲得に期待
「もう?」パリ五輪開幕まであと2カ月 ギリギリで勝つからこそ盛り上がる
金子晃大が元同門の菅原美優の結婚発表に「結婚というものはよく分からないんですが。感謝ですね」と金子節で祝福?コメント【K-1】
「-55kg世界最強決定トーナメント」の組み合わせ発表。現王者・金子晃大はクンクメール最強ファイターを迎撃。玖村将史は金子しか眼中になし【K-1】
K-1ファイターの玖村将史が元恋人ゆうちゃみに一言「感謝です」【K-1】