【インタビュー】GENERATIONS from EXILE TRIBE「新しい世代のエンターテインメント、届けたい」

 EXILEをトップに据えたEXILE TRIBEの勢いが止まらない。彼らのDNAを受け継ぎながら独自のエンターテインメントを追及するグループが次々に自立、今やその地位を揺るぎないものにした三代目 J Soul Brothers、ワイルドな男のパフォーマンスで魅せる EXILE THE SECONDなど、互いに切磋琢磨し活躍している。2018年、そんな彼らに続くのは、GENERATIONS from EXILE TRIBE(以下、GENERATIONS)。初のドームツアーも決定した彼らは、元旦にベスト盤『 BEST GENERATION』をリリースし新年のスタートを切る。ボーカルの数原龍友、 パフォーマーの関口メンディー、中務裕太にインタビューした。
「客席の熱量が上がった」 2回目のアリーナツアー

――初めてのベスト盤『BEST GENERATION』がリリースになりますが、昨年7月に「GENERATIONS LIVE TOUR 2017 “ MAD CYCLONE”」をスタートしてからのGENERATIONSの勢いはもう止められない、といった印象です。

数原龍友(以下、数原):アリーナツアーは2回目になるんですけど、1回目とは違う盛り上がりを感じていました。初めての時は自分たちもいっぱいいっぱいだった部分もあったんですが、今回は気持ちに余裕があってメンバーそれぞれが良い状態で、ライブ中にお互いの表情を見たり、お客さんの熱量を感じながらステージに立てていた。だからなのかもしれないですけど、前回のツアーよりも客席の熱量が上がってるように感じました。すごい盛り上がりました。

中務裕太(以下、中務):前と比べて見に来てくれてた方が変わったって印象なんです。客席を見ると、男の子も小さな子供もいるし、おじいちゃんおばあちゃんの世代もいて、幅広くなったなと思います。僕ら、バラエティー番組にも挑戦したりしていたので、そういうところから、ライブを見てみたいって思ってくれる人が広がったのかなって思うと。うれしいですね。

関口メンディー(以下、メンディー):何だろう……前回よりも注目してもらっている感じ? そういった環境でのツアーって違うんですよ。以前はファンの方がほとんどなライブ。でも今はグレーの人、グレーゾーンの方たちが……

――「グレーゾーンの方」?

メンディー:僕たちを知らないけど誘われたから来てみた人だとか、テレビで見た面白いことやってたGENERATIONSはライブではどんなことをやってるの?って感じで見てるような方たちのことです。そういう人たちがライブに来てくれるのってすごいことだなって。

数原:その通り!

メンディー:そういう人たちの心をつかみたいって気持ちになるんです。だからこそ、曲であったり、ライブに関しても、ここをこう変えたらいいんじゃないかとか、そういうことに気づきやすくなった気がします。


GENERATIONSの魅力と強みは「フットワークの良さ」

――新しい段階に入ったということかもしれませんね。今現在、たくさんのグループがそれぞれの個性を発揮して活躍しています。もちろんGENERATIONSもそのひとつです。先日、デビューしてから5年間が経ちましたが、今の自分たちの魅力、ほかのグループにはない個性って何だと考えていますか?

数原:……うーん、一言では言い表せないです。EXILE魂、EXILE TRIBE魂っていうのはもちろん受け継いでいるんですけど、やはりジェネレーション(世代)が違うので、今の時代に見合ったエンターテインメントをやっていくべきだと思うんです。僕らはこれまでLDHがあまりやってこなかったバラエティー番組にも出演させていただいたりしているんですが、それも僕らなりのエンターテインメントだと思ってやっています。

中務:気付いたらそうなってたんですよね。いつだったのかっていうのは覚えていないんですけど、先輩にジェネ(GENERATIONS)ってトーク面白いよね、ライブのMCが面白いよねって言われて。それで、これも一つのジェネの武器なのかなって。

数原:そういう意味では…そのフットワークの軽さがGENERATIONSなのかな、それが強みなのかなって思います。いろんなグループがいて、同じことをやっていても面白くないじゃないですか。今の7人だったら何かできる気がするんです。

メンディー:たぶん……

数原:ん? なんか思いついたか!

メンディー:たぶん、GENERATIONSのエンターテインメントを一言でっていうなら、「男子校感」なんじゃないかな。いろんな生徒がいて、仲のいいやつが自然と集まって、一緒になって面白いって思うことをやってる。高校生感、青春感です。これから年を重ねていく中でそれが出続けるのかどうかは分からないですけど、今はそれ……

数原:最終的には老人ホーム感が出れば(笑)。

中務:到達点、そこ?(笑)

メンディー:どんどん昇進してくんです、『島耕作』みたいに。

ーー課長、部長、社長、そして会長と!

中務:……それ、伝わりにくいよ(笑)。

数原:もちろん、ライブやパフォーマンスはプロ集団としてやりますし、お客さんに楽しんでもらえる自信もあります。そこは揺るがないです。EXILEさんを始めたくさんの先輩方が築いてきたものを大事にしながら新しいことができるのがGENERATIONSの強み、それをやっと5年めにして手に入れた感じがしています。あらためて、ここからスタートなのかなって思うんです。
ヘアメイク・寺本 剛(JYUNESU)/スタイリング・吉田 佳輔/撮影・仲西マティアス【数原龍友】コート、カーディガン、パンツ/LAD MUSICIAN(LAD MUSICIAN HARAJUKU)、ブーツ/PADRONE(ADONUST)、その他/スタイリスト私物 【中務裕太】コート/LITHIUM HOMME、ブーツ/LAD MUSICIAN(LAD MUSICIAN HARAJUKU)、その他/スタイリスト私物 【関口メンディー】チェックガウンコート、ニット/LAD MUSICIAN(LAD MUSICIAN HARAJUKU)、パンツ/YOHJI YAMAMOTO(NUBIAN 上野店)、スニーカー/スタイリスト私物
元旦リリースのベスト盤には「5年間が詰まっている」

ーーだからこその初めてのベスト盤、元旦リリースなのかもしれませんね。

中務:ベスト盤って特別感があります。今までのジェネの活動、5年間分が詰まっているので、盛りだくさんです。ジェネを知っている人も楽しめるし、そうでない人ももちろん楽しんでもらえる作品になっていると思います。

メンディー:曲数がすごいですよね。それぞれにいろいろな思い出があって、自分の歴史です。ミュージックビデオも26曲収録されているので、最初の方の作品を見てみると、その時は自分の全力だったんですけど、それって!とか、なんでその髪型!?とかいろいろツッコんじゃいます。

数原:記録、だからね。僕にもこれ以上世に出さないでくれって思うものもあります。でも、昔を恥じれるというのは悪くないと思うんです。自分では、確実に変わってる、良くなってると感じていることだから。

ーー聴く人にとっても「記録」だと思います。

数原:僕たちが感じている5年があるように、聴いてくれる方だったり、ずっと応援し続けてくれるファンの子たちの5年は、同じではないんですよね。「あの頃はバイトして、ないお金をはたいてタオル買ってた」とか「無料だからライブ行けた」っていう子たちが、社会人になってお金を稼いでいたり、ちゃんと大人になっている。そんな人たちそれぞれに『BRAVE IT OUT』とか『片思い』の思い出があると思うんです。

中務:ベストアルバムってやっぱりいいですよね……2枚目も、3枚目もできたらいいなって思います。EXILEさんみたいにバラードベスト、アップテンポなベストみたいなのがいつか出せるようになれたらうれしい。

ーーこのベスト盤は、これからを示唆するものでもありますよね。新曲『ALRIGHT!ALRIGHT!』を収録しています。

数原:新しい年の元旦にリリースするベストアルバムのリード曲としてはバッチリの曲だと思います。2018年、GENERATIONSは勢い出していくぜ!みたいな気合がめちゃくちゃ詰まっている曲です。そんな気合で歌ったし、ミュージックビデオも撮影させてもらいました。久しぶりに結構踊りまくっています。

中務:前向きでパワーみなぎる感じです。振付も斬新な感じで見てもらうのが楽しみです。振付は海外の方にお願いしています。

ーー自分たちで振付をすることもあると思うんですが、海外の方にお願いする狙いはどんなところにあるんでしょうか?

メンディー:タイミングだとか、その時のGENERATIONSの雰囲気とかいろいろあるんですけど、海外の方に作ってもらうとすごい刺激になるんです。そうすることで、裕太君だったり自分たちがするときにも役立つというか広がりがでます。

ーーカバーコレクションのCDには、『花』『I Believe In Miracles』だったりこれまでにカバーしてきた国内外の楽曲、それに『SUMMER TIME LOVE』『I Believe』、そして『Loves Again』とEXILEの楽曲もカバーして収めました。

数原:『SUMMER TIME LOVE』『I Believe』はライブでもやっているんですが、『Lovers Again』は急に決定したんです。(ベストアルバムで)EXILEさんの曲をカバーしたいとHIROさんに伝えて、メンバーで相談しているタイミングで、AKIRAさんにもこの話をしたんです。そうしたらケータイでEXILEの楽曲のリストを出してくれて、「これがいいんじゃない」「これもいいね」って。その時に出てきたのが『Lovers Again』でした。AKIRAさんに「ジェネがやったらヤバいかもね」って言われて、自分もビビビッてきたんです。HIROさんに話したら、いいよって(笑)。

ーーカバーはどんな曲も難しいし緊張も伴うと思うのですが、それがEXILEの作品だとその気持ちは一層強くなりませんか。距離はすごい近いですし、反応もダイレクトに伝わってくると思います。

数原:デビュー当時の僕らだったら「カバーしたい」なんて言えなかったと思いますけど、そういったアイデアがでるのも、5年間を経た今のジェネだからだと思います。

メンディー:近い距離感にいるので相談はしやすいですけどね。




2018年はGENERATIONS PERFECT YEAR!「チャンスは根こそぎ」

ーーところで、さきほど数原さんも元旦のリリースであることをお話になりましたが、LDHに所属するアーティストの元旦リリースは“期待の証”といった印象があります。

数原:LDHの恒例のやつで…

中務:やっとジェネだってね。

数原:やっといけたっていうのでもあるんですけど、これって「さあ、ジェネいけよ」ってことでもあるんですよね。チャンスだぞって。もっと気合を入れていこうと思います。

ーー初めてのドームツアーも決定しましたし、2018年はやるしかないですね。

メンディー:期待に応えるしかないと思っています。ライブや曲もそうですけど、GENERATIONSにはお芝居で活躍するメンバーもいるし、バラエティーもあるし……すごい筋トレしているメンバーとかいろんな人がいて、いろんな顔があります。それぞれがいろんな場所に出ていって何かを掴んで、ジェネに戻ってくればいいですね。

中務:去年もそうだったけど、2018年もチャンスはめちゃくちゃあると思うんです。HIROさんも今年をGENERATIONS PERFECT YEARにするって気合をいれてくださっているので、チャンスは根こそぎ掴んでいきたいですね。

数原:いろんなトライしてそこで結果を残さないとな。その積み重ねで、PERFECT YEARになると思います。

(聞き手/本紙・酒井紫野)



■GENERATIONS 数原&中務&メンディーの直筆サイン入りチェキを2名にプレゼント!

インタビュー時に撮影し3人の直筆サインが入ったチェキを2名さまにプレゼント。応募方法は下記の2ステップ。

<応募条件>
ステップ1:TOKYO HEADLINEのTwitterアカウントをフォロー
ステップ2:対象ツイート(TOKYOHEADLINEアカウントのこのインタビューをお知らせしたツイート)に、
「ジェネのチェキがほしい!」など欲しいと分かるようにコメントをつけて、RT
※既にフォローしているユーザーも対象

締め切りは1月8日(月)17時。当選者の方々にはTwitterのダイレクトメッセージでご連絡します。
上段左から、限定ボックス、日本語ベスト通常盤。下段左から日本語ベスト豪華盤、International Edition 英語ベスト盤
BEST ALBUM 『BEST GENERATION』1月1日リリース!

ジェネこと、GENERATIONS from EXILE TRIBE初のベスト盤。デビューから5年間の軌跡を凝縮。『BRAVE IT OUT』から『BIG CITY RODEO』までのシングル15曲、そしてネクストレベルへのキックオフとなる新曲『ALRIGHT!ALRIGHT!』を収録。EXILEの『Lovers Again』など新曲3曲を含む全7曲のカバーコレクション(ディスク2)、全26曲のミュージックビデオ、ライブ映像やドキュメントなど未公開映像も収録した。英語ベスト盤もリリース。rhythm zoneより発売。

 
■限定BOX【3CD+4DVD】8980円、同【3CD+4Blu-ary】1万980円
■日本語ベスト豪華盤[映像付]【2CD+3DVD】6500円、同【2CD+3Blu-ray】7500円
■日本語ベスト通常盤[映像付]【CD+DVD】4500円、同【CD+Blu-ray】5500円
■日本語ベスト通常盤【CD ONLY】2500円
■International Edition 英語ベスト盤【CD+DVD】2480円、同【CD+Blu-ray】3480円
■International Edition 英語ベスト盤【CD ONLY】1980円
(すべて税別)