「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」本日1日から20日まで松屋銀座にて


 まるごとディズニーの博物展『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展~ミッキーマウスから続く、未来への物語~』が本日1日から20日まで、松屋銀座にて開催される。

 ウォルト・ディズニーと、ウォルト・ディズニー・カンパニーに関する資料を収集・保存する米国「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」。そこは、ディズニーの才能豊かな人々が生み出した数々の作品に関する貴重な資料と、その作品に込められた情熱やエピソードが集まる、夢と創造の宝庫。しかし通常、この場所は一般公開されておらず、誰もが簡単に入れるような場所ではない。
ウォルト・ディズニー・アーカイブスのロビーにある巨大なショーケースを再現 ©Disney
 本展は、そんなウォルト・ディズニー・アーカイブスの中に入ったかのような体験ができる展覧会。展示されるのは、ウォルト・ディズニー・アーカイブスの数千点におよぶコスチュームや小道具、400万点の写真資料といった膨大なコレクションから厳選された、日本初公開を含む約420点の貴重なアイテムたち。
ウォルト・ディズニーが在りし日に使用した 仕事場を細部にわたって再現 ©Disney
 今年、スクリーンデビューから90周年を迎えるミッキーマウスにまつわる特別なアートやグッズ、ディテールまで再現されたウォルト・ディズニーの仕事部屋、さらには『美女と野獣』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』、『アリス・イン・ワンダーランド』といった、映画作品で実際に使用された本物の衣装の数々も展示。また、ディズニーと日本の深い関わりを示す貴重な資料などを、その背景にある人々の思いや知られざるエピソードと共に紹介する。

 会場には、貴重なコレクションを撮影することができるコーナーもあるので、ぜひ記念のベストショットを撮影しよう。本展覧会でしか手に入らない展覧会限定グッズもお見逃しなく!
『美女と野獣』ダンスシーンに実際に使用された美しい衣装やキャラクター・モデル ©Disney
ぬいぐるみ(左から、Plane Crazy/Vintage Style/Fantasia/Fun and Fancy Free/Modern Style)各1620円 ©Disney
『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展~ミッキーマウスから続く、未来への物語~』東京会場
【会期】2018年8月1日(水)~8月20日(月) 20日間会期中無休
【入場時間】午前10時~午後8時 ※入場は閉場の30分前まで。最終日は17時閉場
※8月5日(日)、12日(日)、19日(日)は10時~17時30分
【会場】松屋銀座8階 イベントスクエア
【入場料】一般1500円、高大生1200円、中学生から3歳まで800円、2歳以下無料