これが本当の「待望のライブ」だ。「Paul Draper (Mansun)」


 90年代のブリットポップムーブメントの終盤に登場し全英を夢中にさせたロックバンド、Mansun(マンサン)のフロントマンを務めていた、ポール・ドレイパーが待望の来日。アコースティックセットのジャパンツアーを展開する。

 最後に来日したのはMansunとしてで2000年。実に19年ぶりの来日! ソロとしては初めての来日になる。「待望の」とされるだけあって、最初に発表された日程はあっという間にソールドアウトとなり、追加に追加を重ねている。

 今回のライブでは、Mansun時代のヒット曲はもちろんのこと、B面曲、彼のソロ楽曲までプレイするとのこと。その時からのファンはもうチケットは手にしているはず。「ロックフェスっておじさんやおばさんばっかりたよね」と言ってやまないニューミレニアム以降の音楽を聴きながら育ってきた音楽ファン! このライブを見れば、その“おじさんおばさん”たちが本気でうらやましくなるはず! もちろん、今のティーンネージャーたちをも夢中にさせる、ポールのニューマテリアルも聞いておくべき!



Paul Draper (Mansun)
【日時】3月9日(土)・10日(日)11時30分開場/12時開演
【会場】下北沢 CLUB Que
【料金】一般5500円
【問い合わせ】Alive:info@alive.mu:050-5806-7599
【根本宗子×GANG PARADE】ミュージカル『プレイハウス』で異色タッグが実現
BALLISTIK BOYZ、“PASION”あふれるステージで後輩たちにエール!
森口博子、ガンダムへの恩と愛を語る 「人生のターニングポイントには、いつもガンダムがいてくれた」
カラダもココロもトリップできる! ムッキムキアクション&泣けるラブストーリー【オススメDVD 4選】
BALLISTIK BOYZの海沼流星、世界的ゲーマー集団「FaZe Clan」と17日に『Fortnite』生配信!
三浦大知、家入レオらが「優勝するぞ」? リーディング・オーケストラコンサートが開幕