これが本当の「待望のライブ」だ。「Paul Draper (Mansun)」


 90年代のブリットポップムーブメントの終盤に登場し全英を夢中にさせたロックバンド、Mansun(マンサン)のフロントマンを務めていた、ポール・ドレイパーが待望の来日。アコースティックセットのジャパンツアーを展開する。

 最後に来日したのはMansunとしてで2000年。実に19年ぶりの来日! ソロとしては初めての来日になる。「待望の」とされるだけあって、最初に発表された日程はあっという間にソールドアウトとなり、追加に追加を重ねている。

 今回のライブでは、Mansun時代のヒット曲はもちろんのこと、B面曲、彼のソロ楽曲までプレイするとのこと。その時からのファンはもうチケットは手にしているはず。「ロックフェスっておじさんやおばさんばっかりたよね」と言ってやまないニューミレニアム以降の音楽を聴きながら育ってきた音楽ファン! このライブを見れば、その“おじさんおばさん”たちが本気でうらやましくなるはず! もちろん、今のティーンネージャーたちをも夢中にさせる、ポールのニューマテリアルも聞いておくべき!



Paul Draper (Mansun)
【日時】3月9日(土)・10日(日)11時30分開場/12時開演
【会場】下北沢 CLUB Que
【料金】一般5500円
【問い合わせ】Alive:info@alive.mu:050-5806-7599
6月4日「ショートフィルムの日」に行定勲監督と別所哲也が“コロナと映画業界”を考えるオンラインイベント
吉田羊と鈴木梨央が“胸キュン!”阿波おどり ポカリ新CM
m-flo、最新の“loves”はchelmico! 新曲「RUN AWAYS」12日に配信スタート
松井玲奈が9歳年下と恋愛 大人気少女漫画原作のFOD新ドラマ
THE RAMPAGEの陣とRIKU、チュートリアルで体験型オンラインイベント VJ務めるスペシャの『LIVE YEAH!!! 』
Creepy NutsのDJ松永が「文學界」でエッセイの連載スタート