【いまライブで聴くべきバンド】新宿「ACB」編

 今日もまた、都内のライブハウスではたくさんのバンドやアーティストがライブを行っている……けれど、数も種類も多すぎて、誰を見に行ったらいいのか分からない!!! だったらプロに聞きましょう!

 今月伺ったのは、なんと今年で50周年を迎える東京でも老舗のライブハウス、新宿ACB。特にメロディックハードコア、通称「メロコア」のジャンルに特化したライブハウスだ。メロコアの今を問いかけながら、これからのメロコアシーンを担っていくネクストバズバンドも紹介していただきます!


90sインディー・メロコアブーム。「Hi-STANDARD」に始まる今のシーン



 新宿ACBは多くのバンドを輩出してきた、東京のメロコアシーンを牽引し続けるライブハウスだ。一時経営問題で閉店に追い込まれるも、メロコアファンたちのアツい要望で復活した。

 メロコアシーンは日本では90年代に大きなブームになった。Hi-STANDARDを筆頭にBRAHMAN、HAWAIIAN6など、スピード全開の英詞バンドが愛された。今の3〜40代は、Hi-STANDARDのレーベル「PIZZA OF DEATH RECORDS」主催の伝説のフェスの名を借りて「AIRJAM世代」と呼ばれることもあるほどだ。
 90年台の勢いから比べれば、今はインディーシーンのメインストリームではなくなったものの、しっかりとまだシーンは生きている。一時活休になっていたHi-STANDARDも、ファンのアツい要望から現在また活動を再開しており、伝説となっていたAIRJAMも2011年に再開となった。

1 2>>>
TSUTAYAプレミアム 動画配信おすすめラインアップ!『ヘチ 王座への道』 『荒ぶる季節の男どもよ。』
東野幸治と和牛が全国各地の魅力を伝える 「Cheeky’s channelアワード」28日生配信
“シンガー”高岡早紀がコットンクラブでバースデイ・ライヴ
【明日は何を観る?】『アンダードッグ』前編・後編
LDHのオンラインライブ、「Go To イベント」対象に
劇団かもめんたるの新作公演は「ラサール石井さんのアンチも楽しめる作品」と岩崎う大