ゾクゾクする? アツくなる?【オススメDVD 5選】

©2018 TOHO/JStorm

『検察側の罪人』



 木村拓哉×二宮和也が初共演を果たした超話題作! 主人公のエリート検察官・最上毅を演じるのは主演作『マスカレード・ホテル』が大ヒット中の木村拓哉。対する若き検察官・沖野啓一郎には幅広いジャンルの作品で演技力を発揮する二宮和也。トップスター2人の鬼気迫る演技の応酬は必見。

 都内で発生した犯人不明の殺人事件を、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、駆け出しの検事・沖野が担当する。最上は複数の被疑者の中から1人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。その男・松倉は、過去に時効を迎えた未解決殺人事件の重要参考人だった。最上に従い取り調べに奮闘していた沖野だったが…。

販売元:東宝 2月20日(水)発売 Blu-ray豪華版 7800円(税別)

©BONNE PIOCHE CINEMA − PAPRIKA FILMS − 2016 − Photo : ©Daisy Gilardini

『皇帝ペンギン ただいま』



 世界で2500万人が見た奇跡のドキュメンタリー映画『皇帝ペンギン』から12年。リュック・ジャケ監督が再び南極を訪れ、さらなる感動と興奮を秘蔵映像とともにお届け!

“世界でもっとも過酷な子育てをする鳥”と呼ばれている皇帝ペンギン。本作では、まだ子供の羽毛に覆われている若いペンギンたちの初めての旅に密着。厳しい自然の中で一生懸命に生きる彼らの姿と親子の絆をありのままに映し出し、かわいいだけではない彼らの真の姿とともに、南極の絶景を迫力の映像で綴っていく。

販売元:Happinet 発売中 DVD 3900円(税別)

©2018 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

『死霊館のシスター』



 2013年、実際に起こった心霊現象を映画化し世界中で大ヒットした『死霊館』。以降、その世界観は『死霊館 エンフィールド事件』、『アナベル 死霊館の人形』、『アナベル 死霊人形の誕生』と続き大人気のホラーシリーズとなっている。本作『死霊館のシスター』はそんなシリーズすべての恐怖の始まりを描くファン必見の一本。主演のアイリーン役はクリント・イーストウッド監督最新作『MULE』(原題)出演のタイッサ・ファーミガ。バーク神父役は『エイリアン:コヴェナント』のデミアン・ビチル。監督は『ザ・ハロウ/浸蝕』のコリン・ハーディ。

販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント 発売中 ブルーレイ&DVDセット 3990円(税別)

©AB Svensk Filmindustri 2017

『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』



 テニス界のみならず世界中を沸かせたライバル、ボルグとマッケンローの伝説の闘いを軸に、頂点に立つ者と追いかける者の孤独と葛藤、生きるか死ぬかの鬼気迫る闘いの表と裏を描いた興奮と感動のトゥルーストーリー。テニス界で最も美しい男・ボルグVS最も荒々しい男・マッケンロー。“氷の男”と“炎の男”が1980年のウィンブルドン決勝戦で繰り広げた3時間55分の死闘。その真実が今、明かされる…! ボルグ役には『ストックホルムでワルツを』のスベリル・グドナソン。マッケンロー役には『トランスフォーマー』シリーズのシャイア・ラブーフ。

販売元:ギャガ 発売中 DVD3800円(税別)

©2017 MITICO・MAIN JOURNEY・GAUMONT・FRANCE 3 CINEMA・AFPI・PANACHE・PRODUCTIONS・LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE・DEATH OF STALIN THE FILM LTD

『スターリンの葬送狂騒曲』



 世界各国でヒットしながらもロシア政府が“上映禁止”とした超問題作。スティーヴ・ブシェミら個性派が、俳優生命を自ら追い込むほどの熱演を披露!

 1953年、ソ連の最高権力者スターリンが死亡。“粛清”という名の大量虐殺による恐怖ですべてを支配してきた独裁者亡き後、今こそ彼の後釜につくチャンスだと色めき立つ側近たち。互いを出し抜く卑劣な駆け引きが始まり、権力バトルがスタート。“なんでもあり&やったもん勝ち”の権力闘争が繰り広げられていく。

販売元:ギャガ 発売中 DVD3800円(税別)