【FRONT LINE in 韓国】SCULPTOR人気の秘密は繊細なデザインと幅広い視野にあった

 世界中どこでもファッション&ビューティにみんなが夢中。今はインスタで地球の裏側のトレンドだって、1タップでチェックできるけど、やっぱり現地で自分の肌で感じるものこそが本物の最先端、トレンド!【FRONT LINE】は、モデル、DJ、コラムニストとしても活躍する、一木美里が現地に飛び、最前線をリポート。世界からファッション&ビューティのリアルなトレンドを発信します。 第1弾は韓国。 K-POP、K-Beautyと世界から注目を集める韓国の最前線をリポートします!

 今回は韓国の日本でも人気の高いファッションブランドSCULPTORのアートディレクターGAYOUNG KIMさんへインタビューをしてきました!


ーーーブランドのはじまりを教えてください。
「SCULPTOR」は2012年にはじまりました。ブランド名は彫刻家を意味しています。彫刻をしているようにパターンやシルエット、スタイルなど一つひとつ繊細にデザインをしていく、という意味を込めて、この名前をつけました。基本的に女性をメインに展開をしていますが、最近はユニセックス商品の展開もあるので、男性のお客様も増えています。今後は男性をターゲットをしたラインも拡大を考えています。

ーーー女性の洋服はどのようなサイズ展開があるのでしょうか。
もともとはフィット感があるサイズ感を中心に展開していました。今はニーズにこたえるために、スモール、ミディアム、ラージと増やして展開しています。スカートはスモールとミディアムサイズのみですが、今後はサイズを増やそうと考えています。
1 2>>>
田口桃子の連載「SOD女子社員は脱がなきゃだめですか?」第12回「イケメン劇団Rexy『お江戸のおもちゃ』公演終了!」
【ひめくりワンダホー】りんくん(3歳7カ月)
【ひめくりワンダホー】レオくん(3歳7カ月)
【徳井健太の菩薩目線】第44回 40歳になったら年上の言うことよりも、年下の言うことを聞いたほうがいい
映画「閉鎖病棟 それぞれの朝」に見る、リアルと都合とドラマ【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
【ひめくりワンダホー】ネロくん(1歳0カ月)