人手不足や競争力低下に直面する日本の農業。パラダイムシフトは5Gがカギに?

Vol.3「日本の食のグランドデザイン」第2セッション「農業を考えるテクノロジー:第一次産業のパラダイムシフト」
写真左から、ファシリテーター朝日透、山崎能央、菊池紳、原誠(敬称略)
「BEYOND 2020 NEXT FORUM-日本を元気に! JAPAN MOVE UP! -」Vol.3「日本の食のグランドデザイン」が8月30日、都内にて開催。若手起業家、企業経営者、アーティストなど各界の有識者が「2020年以降の日本を元気にする」というテーマを掲げ活動するするプロジェクト。フォーラム第3回となるこの日は「日本の食」をテーマに、さまざまな業界で、日本の食の可能性に挑む6名が登壇した。

 第1セッション「食のテーマパーク 食とテクノロジーの融合」に続いて行われた第2セッションでは「農業を考えるテクノロジー:第一次産業のパラダイムシフト」と題して、最先端のテクノロジーを活用しながら農業に携わる3名が現在の状況を紹介しつつ展望を語り合った。

 人工衛星を利用したGPSガイダンスシステム付きトラクターなど先端技術を取り入れ大規模農業を高度に行う株式会社ヤマザキライス代表取締役社長の山崎能央氏、2017年にグッドデザイン賞金賞を受賞した流通支援プラットフォーム「SEND」を開発したプラネット・テーブル株式会社の創業者であり、食をテーマにデザイン、テクノロジー、サイエンスを活用した事業を行う菊池紳氏、企業コンサルティングの立場で地方創生・農業再生に携わる株式会社クニエのマネージング・ディレクター原誠氏が登壇。ファシリテーターは早稲田大学・グローバル科学知融合研究所の朝日透教授。
1 2 3 4>>>
長期化する香港デモ。在日香港人が記者会見で「海外からの関心」訴え
映画『キャッツ』吹き替え版許可は世界で2カ国のみ! 葵わかな、山崎育三郎ら日本語版キャスト集結
EXILEのAKIRAとリン・チーリンが台南で挙式、永遠の幸せを誓う
岡嶋形徒 “スーパースター”は既にいる。今いないような存在になりたい。
GENERATIONS、ツアーファイナル2Daysをライブビューイング
【おすすめ書店イベント】『つけびの村 噂が5人を殺したのか?』刊行記念イベント