日本初の傘シェアリングサービス、東京駅でスタート「雨の日のインフラ」目指す

9日東京駅グランルーフで行われた傘シェアリングサービス「アイカサ」の記者発表会
傘のシェアリングサービス「アイカサ」を展開するベンチャー企業Nature Innovation Groupは9日、東京駅エリアでサービスを開始。これにより、JR東京駅の各出口、八重洲地下街、東京スクエアガーデン、日本橋高島屋S.C.、COREDO室町1など、41スポットで傘を借りることが可能になる。東京駅周辺が雨の日も快適になりそうだ。

「アイカサ」は日本初の傘のシェアリングサービスとして昨年12月に東京・渋谷でサービスを開始。これまでに上野や福岡などにも拡大し、登録ユーザー数は約6万人、スポット数は全国約700にのぼる。突発的な雨にもビニール傘を購入せず、雨がやんだ際には最寄りの傘スポットに傘を返却することができるのが特徴で、利用料金は1本70円。24時間以内であれば同じ料金で何度でも利用できる。
1 2>>>
五輪パラ、来年7月23日開催が決定。小池都知事「目標明確になった」
東京都、夜間飲食店でのコロナ感染が増加。小池都知事「夜間外出ひかえて」
田中みな実が飯尾和樹を悩殺? 新CMで夫婦役も飯尾「どうやって結婚まで来たのか? 」
「ドラえもん」50周年記念出版企画の購入特典に注目!『どこでもドア型本棚』(カリモク製)等 
東京2020開催は、春か夏の2案。観戦チケット、ボランティアはそのままで
「HiGH&LOW」全4作ほかLDHアーティスト出演映画をYouTubeで無料公開