作れなくてもいい!?滝沢カレンのレシピ本『カレンの台所』が破壊力抜群【今日のおうち時間】

 独特すぎる日本語使いで“言葉の魔術師”と評され、バラエティ番組などで活躍するモデルの滝沢カレン。自身のインスタグラムでのハッシュタグ「#カレンの台所」の料理投稿も話題の滝沢が放つ初のレシピ本『カレンの台所』(サンクチュアリ出版)が破壊力抜群だ。通常のレシピ本ではまず見られない文章表現と、分量の明記がないという思い切った構成で、発売から1週間で3万部を突破するヒットを飛ばしているのだという。早速、本書を入手して人気の秘密を探った。
『カレンの台所』書影
 上品な緋色のカバーだけ見ると、レシピ本というより昔ながらの文学書のようなイメージ。ところが、ひとたびめくると帯文に銘打たれた“超感覚レシピ”に相応しい内容だ。たとえば「鶏の唐揚げ」のレシピはこんな具合である。
1 2 3>>>
彼はいったい何ものなのか? 英児童文学の傑作を舞台化した『スケリグ』
「LOVOT」8月8日にオンライン夏祭り開催!オーナーの黒谷友香らがトーク
黒羽麻璃央が演じる、志々雄真実のビジュアル公開! ミュージカル『るろうに剣心 京都編』
佐藤アツヒロと 鈴木勝秀が再タッグで新しい会話劇
マキタスポーツが9月にオトネタ配信ライブ「この単独ライブは重要至急」
MIYAVIが9月にEPリリース!最新アルバム収録曲をアコースティック&ストリングスアレンジ