“一夜限りの”アートの饗宴!『六本木アートナイト 2017』

蜷川実花《Tokyo Followers 1》六本木ヒルズアリーナのイメージ
今年のテーマは『未来ノマツリ』

 六本木の街で一夜限りのアートの饗宴が繰り広げられる『六本木アートナイト』が今年は9月30日から10月1日に開催。今年は「未来ノマツリ」をテーマに、アジアを中心に世界中から彩り豊かなアートやパフォーマンスが集結する。

 メインプログラムのアーティストを務めるのは写真家・映画監督として幅広く活躍する蜷川実花。今回のテーマ「未来ノマツリ」に共鳴した、蜷川テイストあふれる複数のインスタレーションを発表する予定。
今年のメイン・アーティストは写真家・映画監督の蜷川実花
 また、今回初の試みとして、東南アジアにゆかりのある日本人アーティストや、今注目の東南アジアの現代アーティストを招聘し、さまざまな人々と協働しながら作品を制作・発表するプロジェクト“東南アジア・プロジェクト”も始動。地域のコミュニティメンバーと国内外のアーティストが創り出す、六本木アートナイトならではのアート体験となるはず。

ネオ・アンゴノ・アーティスト・コレクティブ 《巨人と歩く:彼らは私たちと同じ(六本木ヒガンテスプロジェクト)》
 他にも、街なかの店やストリート、公園などにアート作品が出現する「街なかインスタレーション」や、蜷川実花版“花魁道中”『TOKYO道中』をはじめいくつものパフォーマンスが繰り広げられる「街なかパフォーマンス」など、マツリとして楽しめるアートやイベントが目白押し。
六本木交差点に出現! 山本洋子《アジアの花》
 六本木ヒルズや東京ミッドタウン、六本木商店街などのおでかけスポットや、森美術館、国立新美術館などのアートスポットなど、各所を巡り、アート空間となった六本木の街全体を楽しみたい。
『六本木アートナイト 2017』
【日時】9月30日(土)10時〜10月1日(日)18時 コアタイム:9月30日17時27分(日没)〜10月1日5時36分(日の出)
【会場】六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
【入場料】無料(一部のプログラム及び美術館企画展は有料)
【問い合わせ】03-5777-8600(ハローダイヤル)
【URL】http://www.roppongiartnight.comhttp://www.roppongiartnight.com