【いまライブで聴くべきバンド】下北沢「ERA 」編

 今日もまた、都内のライブハウスではたくさんのバンドやアーティストがライブを行っている……けれど、数も種類も多すぎて、誰を見に行ったらいいのか分からない!!! だったらプロに聞きましょう!

 今月うかがったのは、ライブハウス激戦区下北沢の中でも全国各地からバンドが訪れる、ある意味下北沢らしくないオールジャンルライブハウス下北沢「ERA」。久保寺店長に、今現場で注目するバンドを聞いてきました!
昔ながらのギターロックに今世代のエッセンスが加わった「said」

 メンバー全員23~24歳の若手バンド「said(セッド)」は、昔ながらの正統派インディーズロックだけど、しっかりと個性を持っています。

 ずっと「ERA」でライブしてくれているのですが、いい意味で「ERA」の良い部分をたくさん吸収してくれているバンドです。ウチはオールジャンルな自由な箱で、地方からいろんなバンドがツアーで使ってくれていることが多いんですが、彼らも地元・宇都宮から来てくれていました。ERAでも多いエモやオルタナティブ、ポストロックなどのバンドに影響を受けていつつ、自由で今っぽい、若者らしさもあるバンドです。

 昔の良さと今の良さを融合した、まさにハイブリッドなバンド。彼らの後輩「sunny car wash」を始め、宇都宮は面白いバンドを生み出す地域として注目しています。
ポップでグルービー、ヒップホップでレゲエな異色バンド「音の旅crew」

「音の旅crew(オトノタビクルー)」は、曲作りやリズム感はグルービーなのに、歌声はポップで、曲ごとに全く違った雰囲気を見せる異色バンドです。

 彼らのライブの日は、「あれ、今日クラブイベントの日だっけ?」というくらいアルコールドリンクが出ます(笑)。本人たちも「今日酒何杯くらい出ました?」とか毎回聞いてくるんですが、お客さんの酒の進み具合が気になっちゃうような最高な奴らです。

 とにかくライブの盛り上げ方がすっごく上手くて、みんな酒を片手にライブを見ながら踊り狂ってます。調子に乗ってお客さん同士で肩車して踊り出すやつが現れたり。でも怪我しちゃうような雰囲気とかはなくて、ただただみんな音楽が楽しすぎて調子に乗っちゃうような、ピースフルな空間を作っちゃうんですよ。「酔っ払ってしまって、セトリとか覚えてないけどけど楽しかった!」なんて人もよくいるくらい、自由でピースフルなライブをしてくれます。 お客さんが酒を片手に勝手に身体が動いて踊れてしまうバンドは、それだけでいいライブしてるなって言えると思ってます。
アップデートは止まっていない。「avengers in sci-fi」

「avengers in sci-fi(アベンジャーズインサイファイ)」は、今年で活動歴15周年。活動歴の長いバンドって「ベテランバンド」としての扱いになってきちゃって、過去にバズった曲ばかりが神曲として崇められちゃって、最新の音を聴かなくなっちゃったり。バンド名は知ってる!で止まってる人もいると思うんです。だけど「avengers in sci-fi」はアップデートが止まってない。むしろどんどんかっこよくなってる! 自信を持って紹介したいし、ぜひ新しいサウンドも聴いてほしいです。

 彼は、数えきれないほどのエフェクターと楽器や機材を駆使して、人力で、ものすごい音圧で演奏しています。この音数の多さ、どうやっても他の人には真似できない。ライブではその音数の多さを活かした、非日常的な宇宙空間を作り出すんです。あの深いサウンドはイヤホンじゃ絶対に感じられない! いつの間にか宙に浮いてるような気分になる、非日常をライブで感じさせてくれるバンドです。

 それに15年間1人もメンバーが欠けることなく活動しているバンドって意外と珍しいと思います。ずっと一緒だからこそ、高め合ってこれた部分があるんだと思います。彼らは11月から、新譜を引っさげて、東名阪を周ります。見るなら今です。

久保寺店長
「ライブハウスの固定概念にとらわれていない」

 下北沢「ERA」ではイベントが午前から始まるものもあるし、週末は深夜にオールナイトでもイベントを行います。足を運んでいただける方の年代も10代半ばから40代後半まで幅広く、イベント内容によって時間帯や曜日で全く違う雰囲気を味わえます。5階建てのビル全部がライブハウスや音楽スタジオなので、階ごとに違う色が見えるのも「ERA」らしいポイントです。


 ビルの4階が「ERA」、さらに上の5階にはバースペースがあり、バンドで活動しているアーティストの普段は聴けないアコースティックライブやDJイベントを行ったり、ただただおいしいご飯や酒を楽しむだけの飲み会イベントがあったりします。

「ライブは夕方から夜にやってるもの!」「ライブハウスは音楽を聴くところ!」といった、今までの固定概念のようなものにはとらわれていないライブハウスです。全国各地からのツアーバンドや海外からの来日アーティストもよく来るので、なかなか頻繁に見られないようなさまざまな良いバンドも出てくれています。「ERA」で見る対バンは「ERAならでは」であるし、その日だけの特別な組み合わせです。いつ遊びに来ても新しい発見がある、自由で遊び心のあるライブハウスだと思います。

 下北沢のライブハウスは南口に集約していますが、「ERA」は北口の古着屋街にあります。買い物の途中にふらりと寄ってみてはいかがでしょうか。

【インタビュー】avengers in sci-fiは、アップデートし続ける
オーストラリアの劇団バック・トゥ・バック・シアターのユニークな野外劇が日本初演!
【第31回東京国際映画祭】今年の映画祭アンバサダーは松岡茉優
【明日何を観る?】『億男』『ザ・アウトロー』
稲垣吾郎が新番組! 血液型テーマにドラマとプライベートトーク
Mステ新サブMCに並木万里菜アナ! きょう放送の2時間SPでデビュー