富士山のふもとで忍者体験!

2015.10.19 Vol.652
 誰でも“ニンジャ”気分を味わえる注目のスポットが富士五湖エリアにオープン!  世界遺産・富士山の構成資産でもある忍野八海にほど近い山梨県忍野村に、今秋誕生した「忍野 しのびの里」は、富士山を一望する日本庭園と忍者アトラクションなどを楽しめるユニークな忍者テーマビレッジ。  施設内には、四季折々の植物が彩る本格日本庭園が広がり、富士山を背にした和の風景の中、足湯や茶屋を楽しみながら散策できる。さらに注目は、誰でも忍者気分を味わえる体験型忍者アトラクション。「忍者からくり屋敷」は、迷路のようなからくり屋敷を巡って、敵から身を守るための仕掛けの数々を体験できる。「忍者手裏剣道場」では、忍者道具の基本中の基本・手裏剣投げの修業を体験! 子供や歴史ファンはもちろん、海外からのゲストも大喜び間違いなし!  もちろん、忍野の名水と富士山ろくの地元食材を生かした蕎麦や豆腐料理など、ご当地和食グルメも充実。紅葉シーズンの富士五湖観光と合わせて出かけてみては。 「忍野 しのびの里」 【時間】営業時間:9~17時(最終入園16時30分)【住所】山梨県南都留郡忍野村忍草2845 【URL】 http://www.oshinoninja.com/

佐藤隆太らの”ぶっとんだ”四谷怪談 渋谷で幕開け

2012.09.17 Vol.565
20120917a.jpg
   佐藤隆太、小出恵介らが出演する、騒音歌舞伎(ロックミュージカル)『ボクの四谷怪談』(演出・蜷川幸雄、脚本/作詞・橋本治)が17日に渋谷・Bunkamura シアターコクーンでスタート。 本番前に報道陣向けに一部シーンが公開され、佐藤、小出、勝地涼、栗山千明が取材に応じた。今回が初めての蜷川作品への参加となる佐藤は、「見ていだたいたお客さんが口をあんぐりとして、すごかったなって思ってもらえるようにしたい」と語った。

 橋本治による幻の戯曲に、演出の蜷川、若手キャストらが新たに命を吹き込むもの。「昭和五十一年にして文政八年、さらに元禄十四年であり、しかも南北朝時代」の東京都江戸市内を舞台にした青春群像劇で、伊右衛門、お岩、与茂七、直助、お袖、お梅、次郎吉と、怪談話でおなじみのキャラクターが登場する。

 栗山いわく「ぶっとんでいる」という脚本。他出演陣も「四谷怪談をベースにしながらも、新しい解釈なので、すぐ簡単に理解できるというものではなかった」(佐藤)、「難しくて、方向性が定まらない感じで(初日が)来てしまった」(勝治)と、不安を吐露したが、報道陣に披露したシーンは、そんな節をチラリとも見せない爆発力に満ちたもの。小出は舞台を降りて一番前の客席に立って歌声を披露するも、そのパフォーマンスは蜷川から早速NGが出たそうで、「稽古ではやっていたのに......。でも、いつか歩きます。蜷川さんが来ない時、歩きます」と宣言していた。

 佐藤はミュージカルでデビューしたものの、13年ぶりのミュージカル出演に緊張ぎみ。「歌に自信がない......、歌というよりも1人1人の若者が腹に抱えていることの叫びを音楽に乗せ、発散する。そういうのができればいいなと思っています」と話していた。

 10月14日まで同所で。大阪公演もある。

週末+1が東京人の旅スタイル!

2011.12.05 Vol.533

“アサイチ出発&機中泊帰国”でフルに楽しむ魅惑のベトナム旅行


取材協力:ベトナム航空 http://www.vietnamairlines.com


ph_tokyo0100.jpg

ベトナム情緒満点のメコン川クルーズ



 せっかくの円安、海外旅行に出かけてショッピングもリゾートも異国情緒も味わいたい…5泊6日なんてスケジュールはとても無理! そんな人に今おススメしたいのがベトナム。なかでもホーチミンを拠点に土日祝プラス1をフル活用するプランはいかが? 成田から飛行機で約6時間。時差が2時間と少ないのがポイントで、朝に成田を出発すれば、午後は市内観光に充てることができる。ただ、もっと旅行気分を味わうために、ぜひ郊外へも足を延ばそう。ベトナム情緒を味わうならホーチミンから車で2時間弱、メコン川クルーズを楽しめるミトーで終日遊んで市内に戻るプランを。ビーチリゾートを満喫するならファンティエットのリゾートホテル宿泊を加えるのがお勧めだ。東京在住なら朝に成田出発&帰国というスケジュールを立てて、土日祝プラス1をフル活用できるはず。旅行の醍醐味をまるごと味わおう。


オシャレなベトナムダイナーが大人気



ph_tokyo0101.jpg

(下段右の小皿の写真)ベトナム料理では定番の調味料。左から、ライムを絞るスパイスソルト、ベトナムの魚醤・ヌクマム、チリソース (下段右のグラスの写真)かき氷入りのチェー。小豆や緑豆などヘルシー素材を使うスイーツだ



 ホーチミンや周辺の観光地には、ベトナム古民家をリノベーションしたCuc Gach Quanレストラン(写真左端)など、オシャレなベトナム料理店が続々登場し観光客の人気を博している。フォー(写真上段中央)やベトナム風お好み焼き・バインセオ(写真写真上段右端)など定番ベトナム料理も、店ごとのおいしさがあるので、気になるレストランがあればどんどんチャレンジすべし。郊外まで足を延ばせるようなら地元料理も味わおう。例えばミトーなら、メコンデルタの名物料理・エレファントフィッシュ(写真写真下段中央)を。こちらは、魚を丸ごと素揚げし、ほぐした肉をボール状に揚げた餅や香草などと一緒にペーパーライスに包んで食べるという、旅先ならではの一品だ。


ホーチミン拠点で流行も定番も楽しむ



ph_tokyo0102.jpg

ベンタイン市場は土産物を買うのにぴったり。かわいいベトナム雑貨が市内の路面店より安い



 ホーチミン市内の三大観光スポットというと、フランス様式の芸術的な建築物として有名な中央郵便局とサイゴン大教会、そしてベンタイン市場。市内中心部付近のホテルに泊まっているなら、目的別に出かけるエリアを絞れば徒歩で巡るのも余裕だ。ホーチミン市内のカフェはWi-Fi対応のカフェも多く、ネット環境はかなり良いので、カフェに立ち寄りながら街歩きを楽しんでみては。もちろん、市場の喧騒もホーチミン観光には欠かせない。ベンタイン市場は、観光客向けの土産物屋や雑貨店だけでなく、日用品を扱う店、乾物、青果、生鮮食品などの食料品、さらに軽食屋台などがひしめき合っている。アジアの下町情緒を味わうには絶好の場所だ。


極上も、異国情緒も。選べるリゾート気分



ph_tokyo0103.jpg

 リゾート気分も味わいたいなら、ホーチミンから車で4時間ほどのところにあるビーチリゾート、ファンティエット泊を加えてみては。美しい砂浜で知られ、人気のSeahorse Resort & Spa、新顔ホテルSea Links Beach Hotelなど高級リゾートホテルも充実。一方で、砂丘ツアーや、チャムタワーなどの遺跡観光、ベトナムの魚醤・ヌクマムの工場見学など、観光ポイントも多彩だ。



海外旅行は今がイキドキ!

2011.09.05 Vol.523


あこがれのスポットも、いつもよりランクアップの旅行も今なら狙える!



海外で円を使う分にはお得な反面、海外の人にとっては日本の物が割高となってしまう円高。そんなデメリットがあるからこそ、メリットをしっかり楽しもう。日本人ツーリストたちに人気の観光地、今こそ行きどきです!



 デメリットも大きい円高だが、メリットとなる部分はしっかり享受しておきたいもの。そのメリットの1つは、何といっても海外旅行だ。ハワイ州政府観光局の日本人渡航者情報によると、やはり震災が起こった3月以降、渡航者が減っているものの6月にかけて回復傾向にあり、さらにマーケットを見ると滞在時の消費金額は、6月の時点で前年比より2割ほど上がっているというデータが出ている。ドル安円高とあっては、ドル圏の国々が狙い目となるのは当然のこと。



 もちろん、アジア圏でもドル安の影響で円が強くなっているため、人気スポットが軒並みお得な状況だ。香港政府観光局の広報スタッフによると、震災の影響により日本からの渡航者は減っていたものの、夏から盛り返しを見せているという。その要因の1つに円高の影響もあるとみている。



 円高のデメリットを取り返すつもりで?今がお得な海外旅行を楽しんでみてはいかが。



長めステイもよし、気軽に週末旅行もよし! イキドキ・スポット



買い物もイベントも! 魅惑の香港




ph_feature0100.jpg


(写真上・左下)11月25日から1月1日までは、「香港ウィンター・フェスタ」開催。クリスマスイルミネーションやカウントダウンの熱狂を体験しよう。

(写真上・右下)「香港ワイン&ダイン・フェスティバル」

写真提供:香港政府観光局







 香港の醍醐味の1つといえばやはりグルメ。普段は手が出ない高級食材を使った料理を味わってみては。また香港は、ほとんどの商品が無税というショッピング天国。冬のセールと円高が重なればかなりお得に買い物できるはず。また、10月27〜30日は「香港ワイン&ダイン・フェスティバル」が開催される。西九龍のウォーターフロントでワイン片手に香港の夜景を楽しめる。他にも、香港ならではの楽しさ満載のイベントが続々。





ドル安ハワイでお買いもの満喫



ph_feature0101.jpg


写真提供:ハワイ州観光局




 ドル安をお得に楽しみたい今、気になるのはやはり米国圏。なかでも、1年を通してリゾート、グルメ、ショッピングを楽しめる常夏の島・ハワイは外せない。ワイキキ・ビーチ(写真左)や、アロハ・タワー・マーケットプレイス(写真右)といったショッピングスポットでおなじみのオアフ島だけでなく、カウアイ島やビッグ・アイランド(ハワイ島)、マウイ島など、その他の島々にも足を延ばしてみては。お得に、大自然とラグジュアリーなリゾートを満喫できるチャンスだ。





台北の夜市でお腹いっぱい食べても…



ph_feature0102.jpg


 台湾ドル(元)も円に対して安値の傾向。日本からのアクセスも良く週末旅行先としても人気の台北を、より深く堪能するよい機会だ。台北は、故宮博物館など歴史的な観光地から、台北101などの現代的な観光名所まで見どころが多彩。移動しやすいエリアのなかで、さまざまな楽しみを体験できるのでフリーツアーもおススメ。士林夜市など真夜中まで開いている夜市が各所にあるのもフリーツアー組にはうれしい。リーズナブルな夜市で屋台グルメをお腹いっぱい味わえば、かなりの“お得気分”を実感できるのはず。九★(=人偏に分)、金瓜石、水◆(=さんずいに南)洞のある水金九地区で新スポットが登場し、観光にもますます便利になっているので、郊外へも足を延ばしてみては。





ランクアップでグアムを楽しむ



ph_feature0103.jpg


 リーズナブルにビーチリゾートを満喫できるスポットとして人気のグアム。日本人の口コミで選ぶ「海外のベストビーチ20」にはグアムのイパオビーチが2位にランクインしている。ちなみにそんな美しい海岸線を走ることができるマラソン「第6回グアム ココロードレース」が10月16日に開催予定(10月3日までエントリー受け付け中)。もちろんショッピングもお忘れなく。セールを狙うか、グアム・プレミア・アウトレットなどでさらにお得にショッピングを。得をした分、いつもよりホテルや食事をランクアップさせてみては。





グルメからエンタメまで大満足のソウル



 気軽に行けて、グルメもショッピングも満喫したいなら、近場の韓国がイチオシ。首都・ソウルの明洞、仁寺洞などのショッピングエリアは日本人観光客にも大人気だ。ブランドもののショッピングだけでなく、伝統的な民芸品や食料品から日用雑貨までを売る南大門市場などで、活気を味わいながらの買い物も楽しい。秋のシーズンは「世界キムチ文化祭り」や「全州ビビンバ祭り」など韓国の食文化を楽しめるフードフェスティバルが各地で開催されるのでイベント情報もチェックしよう。





ホーチミンからハノイまでベトナムがお得!



ph_feature0104.jpg


 南北でそれぞれ違う旅行気分が味わえるベトナム。9月以降は、南部ホーチミンがベストシーズンに入ってくる。わりと過ごしやすい気候となるので、市の各所にある市場めぐりも楽しさを増すはず。ショッピングエリアで人気のオーダーメイドものも、今が狙い目。ベトナムの通貨・ドンも日本円に対して安くなっており、スパもグルメもぐんとお得だ。また、北部のハノイなども秋が一番過ごしやすく、世界遺産のハロン湾クルーズ(写真)もこの時期が一番人気。ベトナムを南北縦断して楽しむのもよし。ワンランク上のベトナムを堪能するもよし。





首都・北京で、あこがれの紫禁城を見る



ph_feature0105.jpg


 円高の今こそ、なかなか行けない世界的な観光地を訪れたいもの。香港や上海とは一味違う、歴史の香りが漂う北京。世界文化遺産となった世界最大の宮殿・紫禁城や、世界中から観光客が訪れる天安門広場、古き良き下町の文化を伝える故同(路地)といった観光名所は、中国ならではの悠久の時を感じさせてくれる。一方で、オリンピックを経て誕生したさまざまな新名所で現代的な中国を体験できるのも、今の北京の醍醐味だ。ちなみに10月1日は建国記念日の国慶節。この前後は帰郷者で地方の観光地が込みやすいので、都市部がオススメ。



ワンピースな夏休みへ出航

2011.06.20 Vol.514

13年目のSSFF & ASIAが見せる“ショートフィルムのさらなる可能性”!


アニメ「ワンピース」の世界を体感できるイベントが日本各地で行われている。現在開催中のもののなかでサウザンド・サニー号の実船はファンからの注目を集めている。麦わらの一味が鬱陶しい梅雨空も吹き飛ばす!? 冒険へ、さあ出かけよう!


©尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション





ph_feature0200.jpg


ハウステンボスにサウザンド・サニー号来航!!


ph_feature0201.jpg

船内には、チョッパーの医務室も!



 大きなマストが象徴的な、麦わらの一味たち専用の最新海賊船、サウザンド・サニー号。彼ら専用の船として作られたこの船は『ワンピース』の象徴だ。ファンならば、一度は乗ってみたいと思うのが当然。その切実な願いが今、長崎で実現できる。


 この4月、長崎のハウステンボスに登場したサウザンド・サニー号は現在、クルーズ就航中(9月30日まで)だ。大きな2本のマストに船首のライオンと、漫画からそのまま抜けだしてきたような外観。見ただけでも冒険心がムクムクと沸いてくる。そして、ルフィの「出航だ〜!」の声でいよいよ大冒険へ出発だ。


 クルーズ中は、麦わらの一味になった気分を味わえる。アニメどおり、甲板にいる麦わらの一味に交じって記念撮影ができたり、「アクアリウムバー」にも入れる。さらに、サウザンド・サニー号が内造している「ソルジャードックシステム」の装飾も見られるのだ。


 しかし、船上で何よりも興奮するのがサウザンド・サニー号の「ガオン砲」の発射が目撃できること。動力源となるコーラを大量に消費してしまうため、本当のピンチの時にしか使われない最終兵器で、アニメでも数えるほどしか使用されていない。かなりレアな体験だ。


 下船しても、まだまだ『ワンピース』を体感できる。シャボンディ諸島のシャボン玉に乗った気分で水上散歩を楽しめる「ウォーター・バルーンにのろう」や、最初の船「メリー号」の思い出をたどる「ゴーイング・メリー号 思い出のダイジェストラリー」などアトラクションも豊富。日本最大級の『ワンピース』レストランは、「ルフィの麦わら海賊カレー」「ルフィ大好物うっめー肉」など楽しくておいしいメニューも充実していて、胃袋の中まで『ワンピース』に染まりそうだ。


お台場にも麦わらの一味


 フジテレビで開催中の『ドリーム9(ナイン)まつり』にも『ワンピース』が登場している。


 このイベントは、同局が毎週日曜朝9時から放送中のアニメ『トリコ』と、同9時30分からのアニメ『ワンピース』を「ドリーム9」とし、2つの人気作品がコラボレーションした企画。同局25階の球体展望室「はちたま」を会場に、眺望とともにそれぞれの作品を体感できるため、開会から多くの関心を集めている。


『ワンピース』関連では、全長2メートルのサウザンド・サニー号の模型が展示されているほか、展望台からの景色をバックにキャラクターと一緒に記念撮影ができるスポットなどがある。また、ニンテンドー3DS専用ソフト『ワンピース アンリミテッドクルーズ スペシャル』のプレーも体験もできる。


 イベントは、7月3日まで月曜を除く毎日開催。営業時間は10〜22時。最終入館は営業終了の30分前まで。入場料は大人500円、小・中学生が300円。



 雨の多い梅雨の時期は外出もおっくうに感じがち。『ワンピース』の麦わらの一味たちにあやかって、少し“出航”してみれば、心も晴れ上がって一足早くスカッとした夏気分が味わえそうだ。





ph_feature0202.jpg

いつでもどこでも「ワンピース」!
ニンテンドー3DS専用ソフト
「ワンピース アンリミテッドクルーズ スペシャル」


 完成度の高さから『ワンピース』ゲームの名作として絶大な支持を受けているアクションアドベンチャーゲーム「アンリミテッドクルーズ」が、ニンテンドー3DS専用で登場した。


 前身となる、Wiiの「エピソード1」「エピソード2」を1本のソフトにし、さまざまな要素を追加。また、作品のなかでも人気のエピソードであるマリンフォードの激闘を最初から最後まで体験できる「マリンフォード」モードを収録。キャラクターも技も、背景も立体的になり、冒険はよりダイナミックになった。また、2画面対応で、アイテム選択やマップ表示が常駐でき、より遊びやすくなっている。


 ゲームは、未知なる海域にある謎の島が舞台。ルフィら麦わらの一味は、サウザンド・サニー号を拠点に、隠された「プレゼント」を目指して島々を探索。尾田先生デザインのゲームオリジナルキャラクターも登場する。 


 敵とのバトルに加えて、釣りや昆虫採集、素材集めをしながら海賊ライフも楽しめる。集めた材料で、アイテムを開発したり、チョッパーやサンジが薬や料理を作ってくれる。


 さらに面白くなった「アンリミテッドクルーズ」を楽しもう!







ph_feature0203.jpg

バンダイナムコゲームスより発売中。6090円(税込) 【URL】http://www.bandaigames.channel.or.jp/list/3ds_onepiece/
©尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション ©2008‐2011 NBGI





『ワンピース』ネット配信 第一話は無料!


ph_feature0204.jpg

 アニメ『ワンピース』(フジテレビ系、日曜午前9時30分)の放送が5月29日に500回を迎えたことを記念して、フジテレビと東映アニメーションが『ワンピース』をネット配信中だ。ファンの強い希望で実現した。


 配信されるのは「イーストブルー編」の全61話。第1話「俺はルフィ!海賊王になる男だ!」は無料で、2話以降は1話105円。パック料金もある。動画配信サービス「フジテレビOn Demand」(http://fod.fujitv.co.jp/s/)とアニメ配信サイト「アニメジャン」(http://animejan.jp/)で配信。パソコンや携帯サイトから視聴できる。


安室アニメ主題歌を配信


 安室奈美恵が歌うアニメ『ワンピース』の主題歌「Fight Together」が着うたで先行配信中だ。この曲は、安室がアニメのために歌詞を書き下ろしたもので、7月27日にトリプルA面シングル『NAKED/Fight Together/未定』としてリリースされるもの。安室本人は、『ワンピース』の大ファン。夢のコラボレーション作品といえそうだ。


TSUTAYAで“麦わらチェイス”


 エンタテイメント・コミュニティースペース「DOLBY × TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」では、7月20日に最新ブルーレイ『ワンピース 3D 麦わらチェイス』が発売されることを記念したイベントを開催中(7月21日まで)。未公開プロモーション映像を、ドルビーTrueHDの5.1chサラウンドによる臨場感あふれるオーディオで楽しめる。




【関連記事】


ワンピースの夢、冒険、そして、感動