念願のミュージカル初出演! 梅田彩佳

ブロードウェイで人気のミュージカル『イン・ザ・ハイツ』が日本版としてついに上演! キャストは、人気・実力ともに若手俳優の中ではトップクラスの松下優也ほか、AKB48の梅田彩佳がミュージカルに初挑戦。不安と期待でいっぱいという胸の内を語る。
(撮影・蔦野裕)
 梅田は以前、宮本亜門演出のミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い』のオーディションを受け、最終選考まで残るものの残念ながら、今一歩のところで落選した過去を持つ。

「ウィズのオーディションに出るまでは、自分がミュージカルに出るとか、演技をするとか、全然考えていませんでした。私はそういうのには、多分出ないだろうと。それよりは、歌やダンスをやって、バラエティーに出るのが、自分の道だと思っていたので、ウィズのオーディションをスタッフの方に勧められたときは正直びっくりしました。スタッフさんは“絶対出たほうがいいよ”って言ってくれたんですけど、自分では“そうかな”って。でも(宮本)亜門さんと出会って、お話をさせていただいた時に、演じるってすごく面白いんだよっていうことを教えていただいて、その時にやってみたいっていう気持ちが沸き起こったんです。でも結局落ちてしまって、その時はすごく悔しかったです。だから今回、このお話を頂いた時は、純粋にうれしかった」

 ミュージカルはもちろん、舞台も初体験という梅田の相手役は、舞台経験も多くミュージシャンとしても活躍する松下優也。

「松下さんとはこの前初めて歌合わせをしたんですが、歌がうますぎて“ヘッ?”って思った(笑)。“歌うまっ!!”って。でも稽古中なので、そんなことを言ったらいけないと思って我慢しましたけど(笑)。でも歌がうまい人と一緒に、しかも真横で練習できるのは、私にとって学ぶところがたくさんあるし、それはすごく幸せなことなんだなって思っています」

 AKB48の中でもダンスには定評のある梅田だが、今回の舞台には歌もダンスも一流の俳優が並ぶ。

「そうなんですよ。みなさん、ものすごいキャリアがあるし、実力派と言われている方が多いので、緊張です。怖いです(笑)。今までは、AKB48の中でダンスがうまいと言われている立ち位置だったんですけど、AKB48のメンバーが誰もいないばかりか、ほかの出演者の方がプロ中のプロの方ばかりなので…。でも見て下さった方に、AKB48ってすごいんだねって言ってもらえるようにしなきゃいけないと、AKB48のメンバーの一員としては思っています。AKB48のメンバーとして恥ずかしくないパフォーマンスをしたい。ほかの出演者のファンの方の中にはAKB48を初めて見る方がいっぱいいると思うので、そんな方にも頑張っているなって思ってもらえるようにしたいです。それに私がダメだって言われたら、ファンの方も悔しいと思うんです。自分が応援している子が悪く言われるのも悔しいだろうし、何より当の私が悔しい(笑)!“AKB48ってすごいんだね”って言われた時に“そうでしょ”って自慢げに言えるように頑張ります(笑)」

 役どころはカリフォルニアの名門大学から帰省中のニーナ。

「私が演じるニーナは、寂しがり屋なんですが、その反面すごく強がりな女の子だと思うんです。それは自分とすごく似てるなって思ったところですね。大学を落第したことを両親に言えない強がりな部分がありながら、淋しさから故郷のワシントン・ハイツに帰ってきちゃう。もっと素直になればいいのにと思うけど、その二面性もニーナの魅力かなとも思います。だから、ただの気の強い女の子とうだけではない、かわいらしい一面も感じてもらえるように演じたいと思ってます」

 この舞台にかける気合は半端ない。

「ミュージカルはずっとやりたいなと思っていましたが、なかなかチャンスがなかったところに今回のお話をいただいたので、自分の実力は未知ですが、楽しむ自信はあります。稽古は大変だろうし、高い壁もいっぱいあるんだろうけど、高いハードルを越えて作品を作り上げていく事で成長できると思う。今回の出演が決まってからは、舞台を見に行っても全然今までとは違うふうに見ている自分がいます。例えばスタンディングオベーションで拍手をしながらも、これだけの拍手をもらえるかなとか、晴れやかな顔をしているキャストの方を見たときに、あんな顔ができるぐらい皆さん頑張ってきたんだろうなとか、自分に置き換えて考えて、ドキドキが止まらない(笑)。でもファンの方がめちゃくちゃ喜んでくれて、握手会とかでも“ずっと梅ちゃんにミュージカルをやってほしかった”って言ってくれて。そういう声を聞くと、私はファンの方を8年間も待たせてしまったなと(笑)。待たせた分、頑張らなきゃって、自分自身に活を入れています」
(本紙・水野陽子)
NULL
『IN THE HEIGHTS イン・ザ・ハイツ』

【公演日】4月4日(金)〜20日(日)【会場】Bunkamuraシアターコクーン※ほかに大阪、名古屋、福岡、横浜でも公演あり【出演】松下優也、Micro(from Def Tech)、梅田彩佳、大塚千弘、マルシア / 前田美波里 ほか【料金】9500円(全席指定・税込)【問い合わせ】キョードー東京 TEL:0570-550-799
【公式HP】http://www.intheheights.jphttp://www.intheheights.jp