【FRONT LINE in 韓国】メイクアーティストの思いとノウハウが込められたコスメブランド「JUNGSAEMMOOL」



ーーショップも素敵ですね!

ありがとうございます。地下にはカフェスペースもありますが、大きな手のオブジェは創設者のJUNG SAEM MOOLさんの手をかたどりつくりました。何故、手かというとアーティストの手はすごく大切で重要なものだからです。手の周りのカラーボールも吊るしてありますが、これは新しくきれいなものを作っていくという意味もあります。2階は2018年6月から展示会場になっています。ブランドの哲学を盛り込んだ作品を有名な作家、アーティストとコラボをし展示をしています。

ーーブランド・ショップのこだわりを教えててください。

アーティストJUNG SAEM MOOLさんはベースメイクを重要視する方なんです。韓国の女優チョン・ジヒョンさん(『猟奇的な彼女』などで有名)が、”透明メイクアップ”で有名ですが、その”透明メイク”という言葉を生み出したのがJUNG SAEM MOOLさんなんです。また、ブランドは「自分だけの美を探す」ということを目指しています。最近の若者は肌を明るめにすることを追及しようとしますよね。ただ、そうしてしまうと自分の首の色と差が出てしまったりします。JUNG SAEM MOOLのショップは自分の肌の色にあわせた自然で自分らしいメイクを提案しています。それこそが真の美しさだと思います。
【徳井健太の菩薩目線】第35回 知人、友人から借りるお金は“借金”ではなく、単なる“たかり”
【ひめくりワンダホー】いろちゃん(1歳7カ月)
【ひめくりワンダホー】麻呂くん(1歳6カ月)
【ひめくりワンダホー】シェリちゃん(1歳5カ月)
【ひめくりワンダホー】ノアちゃん(1歳8カ月)
Dream Ayaのフォトコラム【フォトバイアヤ】第43回『ぼくの夏休み』