【FRONT LINE in 韓国】メイクアーティストの思いとノウハウが込められたコスメブランド「JUNGSAEMMOOL」

 世界中どこでもファッション&ビューティにみんなが夢中。今はインスタで地球の裏側のトレンドだって、1タップでチェックできるけど、やっぱり現地にいって自分の肌で感じるものこそが本物の最先端、トレンド!【FRONT LINE】は、モデル、DJ、コラムニストとしても活躍する、一木美里が現地に飛び、最前線をリポート。世界からファッション&ビューティのリアルなトレンドを発信します。 第1弾は韓国。 K-POP、K-Beautyと世界から注目を集める韓国の最前線をリポートします!

 今回は、「JUNGSAEMMOOL(ジョンセンムル)」ショップPRのJung Da Wonさんへインタビューをしてきました。 
JUNG SAEM MOOLではメイクアップアーティストがメイクをレクチャーもしてくれる。へジン(モデル)
ーーブランドのコンセプトと創設者がどのようなきかっけでブランドを立ち上げたが教えてください。

ここはアーティストのJUNG SAEM MOOLさんのブランドです。彼女はメイクアップアーティストとしては30年目ですが、もともとはヘアメイクのショップを運営していました。そして2015年、彼女の哲学”各自が持つ本来の美しさを見つけること” を盛り込んだこのブランドを立ちあげました。JUNG SAEM MOOLさんが積み重ねた数年間のノウハウとテクニックから考案された、”KEY7”を基本に製品は設計されています。

ーーKEY7とはなんでしょうか?

JUNG SAEM MOOLには線、面、立体を扱う法則が存在するんです。

「Thin & Thick 」顔を小さく立体的に見せるテクニック
「Warm & Cool」若く見えるテクニック
「Wet & Dry」長時間持続できるメイクの秘訣
「Lost & Found」目を大きく、リップは鮮明にするテクニック
「Focal & Point」顔にバランスを与えるテクニック
「Simple & Complex」目立つ部分を強調する技術テクニック
「Old & New」流行と個性の調和で固有のスタイリングを演出

の7つがKEY7です。

1 2 3 4 5>>>
韓国で美容皮膚科♪トックスエンフィルで皮膚管理リポート【FRONT LINE in 韓国】
【ひめくりワンダホー】まむくん(13歳8カ月)
Dream Ayaのフォトコラム【フォトバイアヤ】第55回「2年ぶりのNY」
【ひめくりワンダホー】ひかるくん(9歳5カ月)
ソウルで年越し!大みそかの花火と音楽を楽しめるカウントダウンイベント【FRONT LINE in 韓国】
【徳井健太の菩薩目線】第53回 セオリーや理論って、ときに説教じみている。夢中になるからゾーンに入る