GENERATIONS 小森隼、公開収録で日本代表と“対戦”【JAPAN MOVE UP!】

『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』
「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中。
第311回 3.16OAより
 大会の合間には東京FM「JAPAN MOVE UP」公開収録が行われ、小森隼と、火ノ玉JAPANのキャプテンとしてロンドンに続きリオ大会を戦い、団体戦で銀メダルに輝いた杉村英孝選手が登場。ラジオ公開収録トークイベントで、ボッチャの魅力を語り合った。この日、チーム「JAPAN MOVE UP」として対戦形式のボッチャ体験に挑戦した小森。ボッチャを体験した感想を聞かれ「参加させていただいたんですけどあまり活躍はできなくて。自分の思うとおりにボールを投げることができないと、やっぱり悔しいですね」と苦笑。さらにトークでは、杉村選手がボールを的のボールに近づけて投げる「アプローチ」と、的のボールを弾く「ヒット」という技を実演。狙い通りに決めた杉村選手の投球に小森も「さすがですね、当てますと宣言して本当に当てるというのが、またかっこいいですね。僕の場合は、当てますと言ってそのまま(ボールが)通りすぎていったので(笑)」と会場の笑いをとりつつ、杉村選手を称えた。

 最後に、2人は2020年に向けて日本を元気にするために何をしたいかというアクション宣言を発表。杉村選手は「ボッチャファンを増やしていきたい」、小森は「パフォーマンスでより多くの方にパワーを皆さんに届けていきたいと思っています」と宣言した。小森は火ノ玉JAPANが加わったトーナメント戦を観戦。白熱する試合を熱心に見守り、選手たちを応援していた。
ポッドキャストも配信中!! 未公開音声もノーカットでお届けします!!  http://www.jfn.co.jp/moveup/
多彩なMIYAVIの子育て論と未来
城海南 ディズニー歌姫が得たファンとの交流
MIYAVIの挑戦は、2021年もコロナを越える!
プロダンスリーグ 第一生命D.LEAGUE開幕!!
EXILE ÜSA オンラインサロン始動!
DAIGO「400回記念でウィッシュ!」