avengers in sci-fiがクラウドファンディングでライブをDVD化!驚異の455%達成

 ロックバンドのavengers in sci-fi(アベンジャーズインサイファイ)が4月30日、初のクラウドファンディングライブイベント「CLUB NOWHERE」ツアーを終了した。

 このツアーではライブ映像のDVD化を目的に、演出やVJの導入を資金の使い道として、200万円を目標にクラウドファンディングを実施。リターンとして、ライブ映像のDVDをや限定のCDを用意した。

 結果、200万円のクラウドファンディングは455%達成率で終了。ファン層の厚さが見えた。そんなファンの思いと、avengers in sci-fiのやる気が作り出した映像化ライブ、渋谷wwwで行われた「CLUB NOWHERE」の様子をリポートする。

photo Ai Yakou

「どこにもないクラブ」! ライブハウスの新しい試み



 ワンマンライブとなった「CLUB NOWHERE」ツアー。初日の渋谷www Xはフロアをファンで埋めて開幕となった。

 その日はフロアも、アベンズもそわそわしているように見えた。多額のクラウドファウンディングをつぎ込んでのスパシャルライブに、みんなが期待していた。その刹那、照明が落ち、会場が暗くなる。次の瞬間は、照明ではなく、レーザービームとVJが光り輝いた。バンドセットでの定番曲「Tokyo Techtonix」で始まった。アベンズって…こ、こんなにおしゃれだったっけ? 自分がどこにいるのか分からなくなる。周るミラーボール、会場にこもる蒸気を写しながら耀くレーザービーム。ライブハウスに入り浸る人たちは、クラブという場所に無縁な人も多いと思う。記者もむろんその一人で、この感覚が正しいのかは分からない。けれど……まるで、クラブにいるみたいだった。

 DJのような鮮やかなつなぎで曲が移り変わり、「Yong 2」、「Vapor Trai」と続く。おびただしい量のエフェクターとサンプラーを使いこなして、3ピースとは思えない重圧な音圧を作り出していく。会場が縦ノリだ。最後列まで揺れていた。

 こんな感覚をライブハウスで味わったのは初めてだった。
1 2>>>
『ストレンジャー・シングス』主要キャストが日本を満喫!
Netflix最新作がやばい?山田孝之「仕事なくなっちゃうかも」と本音
乃木坂46齋藤飛鳥「過去を振り返ってもいいんだって思えるホッコリ出来る作品です」【映画『いつものまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』】
元阪神の赤星憲広氏が永尾まりあに「めっちゃ好き! 結婚する! すぐする」
バイきんぐ小峠「どこに需要があるんだよ!」愛車見ながら中華は本当
コシノジュンコ、8月に浜離宮で芸術祭「浴衣を着て来て!」