松中信彦氏「スポーツを体験して夢や目標を探して!」ハンドボール選手たちと福岡で“夢の課外授業”

授業ではおもちゃのバットなどを使用する。良いフォームやタイミングを身につけるのが目的
 子どもたちが夢や目標を持つためのきっかけづくりを目指す『夢の課外授業』(二十一世紀倶楽部、福岡市教育委員会主催)が20日、福岡市の舞鶴小学校で行われ、四国アイランドリーグplus・香川の松中信彦ゼネラルマネージャー兼総監督とハンドボール「ゴールデンウルヴス福岡」の野口智秀、徳永侑也、國分晴貴が授業を行った。

 授業に参加したのは同校の5年生110名。授業では「俊敏ゲーム」や「Tボールバッティング」など野球の実技やハンドボール授業が行われ、松中氏らと児童が対戦すると大きな声援で盛り上がった。

1 2>>>
緊急事態宣言も明け、東京に映画の祭りが大集結!2021「秋の映画祭」特集
メルセデス・マイバッハの世界観を“唯一無二のコラボ”で体感する特別企画がスタート
中山泰秀「外交通の中山氏が国際問題を解説」【JAPAN MOVE UP】
iScream が初のバラードに挑戦!【JAPAN MOVE UP】
お花のレースブラでまどろむ姿も!ミューズ・田中みな実が着こなす冬のピーチ・ジョン
「Z世代の描くSDGs」平原依文(WORLD ROAD)【JAPAN MOVE UP】