YOASOBIの新曲「大正浪漫」の世界に入り込む!銀座ソニーパークで『半導体は、SFだ。』展

最後のエリアでは「YOASOBI」から一人ひとりに電報への返信が届く

 最後のエリアの壁面には、たくさんの封筒を映し出したディスプレイが。自分の名前の封筒の前で立ち止まって画面に近づくと、何と「YOASOBI」から先ほど書いた電報の返信が届く。どんな文面が届くかは見てのお楽しみで、文通がテーマの原作小説にぴったりなファンならずともうれしい演出だ。

 入り口脇には、ソニーの高精細な空間再現ディスプレイ(Spatial Reality Display)の中に、アイトラッキングでページがめくられたり文字が浮かび上がる小説が出現するコンテンツ「夜遊ノ箱庭」が登場。PARK B4(地下4F)のシーフードスタンド「Seafool」では、期間中にハンバーガーを注文すると「YOASOBI」トレーシートやステッカーがついてくる。

 また、PARK B3(地下3F)ではソニーのデザイナーとSF作家がコラボレーションし、Sci-Fiプロトタイピングの手法を用いて「2050年の東京」を描いた連動イベント『ONE DAY, 2050 / Sci-Fi Prototyping』も同時開催。『⑤半導体は、SFだ。with YOASOBI』は銀座ソニーパークにて13日まで。

空間再現ディスプレイに目の動きに反応する小説が浮かび上がる「夜遊ノ箱庭」
常磐もの丼、能登かき、ホタテラーメン…食べて遊べる!代々木公園「魚ジャパンフェス」
渋谷・旧東急百貨店本店前に「ラーメンまこと屋」オープン!牛骨ラーメンの人気店
空のケージにホログラムの保護猫が出現!代官山で「ペットのいないペットショップ」
常磐ものや能登かきも!代々木公園で魚介グルメフェス「魚ジャパンフェス」スタート
保護猫サポートブランド「ラシャトン」が猫の日POP UP!猫に関するトークやカウンセリングも
逆境《第52回 Glow of Tokyoのコソコソばなし》