【STAGE】ブロードウェイミュージカル『ファインディング・ネバーランド』

 ブロードウェイミュージカルの新作が日本上陸。時を超えて愛され続ける名作「ピーターパン」の誕生に隠された、作家とある家族の実話を描く。本作は、ジョニー・デップの主演した映画『ネバーランド』をベースにしている。 

 舞台は19世紀後半のイギリス。劇作家のバリは父親を亡くし傷心の少年ピーターと出会い、交流を深めていく。物語の中に希望を見出して成長していく少年やその兄弟の姿から、バリも劇作家としての原点を思い出し……。

 ゲイリー・バーロウによる楽曲はドラマティックで空想想が膨らむ、『ヘアー』や『ピピン』を手掛けたダイアン・パウルスによる演出、セリーヌ・ディオンやシルク・ドゥ・ソレイユに携わったミア・マイケルスによる振付など、最初から最後まで見逃せない場面ばかり。
【日時】〜9月24日(日)(開演は祝日を除く月木14時、水金14時/19時、土は13時/18時、17日(日)は13時、18日(月・祝)は16時、23日(土・祝)は13時/18時、24日(日)は12時/17時。火は休演)
【会場】東急シアターオーブ(渋谷)
【料金】S席1万3000円、A席1万1000円、B席9000円、プレミアム席1万5000円※公演プログラム一冊付き、U-25チケット6500円※観劇時25歳以下対象、前売りのみ
【問い合わせ】キョードー東京 0570-550-799(オペレータ受付時間 平日11〜18時、土日祝10〜18時)
【作詞・作曲】ゲイリー・バーロウ / エリオット・ケネディ
【脚本】ジェームズ・グラハム
【演出】ダイアン・パウルス
【振付】ミア・マイケルズ
【出演】アメリカ・カンパニー 
『スター・ウォーズ』完結編で来日! レイ役デイジーが日本語であの名台詞を披露
山崎まさよし、刑務所からの“出所”を知り合いに目撃され…「塀の中には入ってない」
冨永愛「2020年は山あり谷ありのいい年にしたい」
【オススメCD 3選】2019年の最後に響きわたり、2020年へと放つ音
電子音楽とデジタルアートの祭典「MUTEK.JP 2019」
田中圭がモテる花屋「キラキラした目で、おっちゃん見ないで!」映画『mellow』完成で舞台挨拶