【いまライブで聴くべきバンド】西麻布「新世界」編

 今日もまた、都内のライブハウスではたくさんのバンドやアーティストがライブを行っている……けれど、数も種類も多すぎて、誰を見に行ったらいいのか分からない!!! だったらプロに聞きましょう!

 今月うかがったのは眠らない街六本木・西麻布エリア。クラブのイメージが強い港区エリアだが、実はライブハウスもあるのをご存知だろうか。 ライブハウス「新世界」の店長の尾崎さんは、ライブハウスでは珍しい女性店長。ずっとJ-POPが好きだったという彼女は、どんなライブバンドを勧めてくれるのでしょうか。

昭和歌謡とネオPOPSの融合「野佐怜奈」

 ぱっとみ、30年前のアイドルのような風貌の野佐怜奈(のされいな)。ジャンルとしては懐かしさのある歌謡POPSといった歌い味で、昭和歌謡好きはグッとくるものがあると思います。とはいえ、懐かしいだけではなく、しっかりと古き良きジャンルに新しさが融合しています。ここ数年ブーム化している、ネオシティポップ好きが好きな人や、そろそろ似たりよったりなシティポップに飽き飽きしてる人には、ぜひ聴いてみてほしいです。

 イヤホンで聴いている時は、言葉の温かみに耳が傾くのですが、ライブ時は歌唱力に圧倒されます。野佐のライブは、演奏する箱やイベントによって、楽器の種類やアレンジが全然変わるんです。ハープだったりトークボックスだったり、何回聞いても少し違う味わいを見せるのも見どころの一つです。古き良き、と新しさの融合というのは思うより難しいと思っていて、野佐怜奈に関しては、その圧倒的な歌唱力があるからこそ、サウンドがどう変わってもその曲の良さの新しい感動を味わえるんだと思います。

 また企画力がとにかくすごいので、イベントそのものが面白いのも魅力。例えば先月は文化祭をテーマに、高校の文化祭の体育館ステージに見立ててライブを行っていました。誰にでも通じるテーマを軸に、音楽の垣根を飛び越えて楽しめるイベントは誰でも遊びに来やすいと思います。
1 2 3>>>
熟女バーを舞台にしたおばさんたちのお話『こどものおばさん』ふくふくや
【明日何を観る?】『HELLO WORLD』『アイネクライネナハトムジーク』
初共演 ブラッド・ピットとトミー・リー・ジョーンズが親子役『アド・アストラ』
舞台版「はじめの一歩」キャスト発表! CM映像も公開
1曲ずつ聴くのは、とりあえず後【オススメCD 3選】
季節の不調に摂り入れたい『食薬習慣』